NEWS
2015年06月22日 19時27分 JST | 更新 2015年06月23日 00時33分 JST

イスラエル内相夫人、オバマ大統領への「不適切なジョーク」で謝罪

イスラエル内相夫人で、テレビやラジオのパーソナリティを務めるジュディ・シャローム・ニル・モーゼスさんが6月21日、アメリカのバラク・オバマ大統領についてのジョークをツイートし、削除する騒ぎがあった。夫人は、オバマ大統領に謝罪した。

オバマコーヒーって何か知っていますか?ブラック(black)で、味が薄い(weak)。

これはイスラエル内相夫人(のツイート)です。トム・ガーラ(BuzzFeed エディター)

7万4000人いる自らのフォロアーに対し、このジョークをツイートした後、夫人はオバマ大統領や夫に宛てたものを含め、3つの謝罪ツイートを投稿した。また、夫人はヘブライ語でも謝罪した。

謝罪します。あれは、誰かが私に語った愚かなジョークでした。

オバマ大統領へ 私は人から聞いた、その不適切なジョークを書くべきではありませんでした。人種と宗教にかかわらず、私は人々が好きです。

もし皆さんの感情を害したのでしたら、ごめんなさい。夫が到着し、私の行為について聞いた後、結婚生活を続けられることを希望しています。

イスラエルの新聞、エルサレム・ポストによると、夫人はかつてガザ地区でのイスラエルの軍事行動についてFacebookに投稿した自らのコメントをめぐって、批判を浴びた。世論の反発を受け、ユニセフ(国連児童基金)のイスラエル協会の会長職を辞任した。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Israeli Election 2015