NEWS

【気候変動】5月の世界気温、観測史上最高 記録破りの暑さが継続

2015年06月24日 18時31分 JST | 更新 2015年06月24日 18時35分 JST
ASSOCIATED PRESS
Indian children play near parked boats on the banks of river Ganges where water level has dried up in the summer in Allahabad, India, Wednesday, June 3, 2015. Light to moderate rainfall in various parts of the country brought respite from the scorching sun but heat wave claimed many lives in the southern Indian states of Andhra Pradesh and Telangana, raising the overall death toll to more than 2,000 since mid-April. (AP Photo/Rajesh Kumar Singh)

2015年5月の世界の平均気温は1880年の観測開始以来、5月としては史上最高を記録した。アメリカ海洋大気庁が6月18日に発表したデータで明らかになった。

この新たな気象データによって記録破りの暑さが続いていることが明らかになった。科学者にとっては世界の気温がじわじわと上昇している証拠を得たことになる。

アメリカ海洋大気庁の発表は、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が気候変動についての(全司教に送付する)回勅を公表した日と重なった。

ローマ法王は、地球が「ますます、おびただしい汚染物質の山のように見え始めている」と全司教に伝えた。

アメリカ海洋大気庁によると、5月の世界の平均気温は摂氏15.65度に達し、2014年に記録された5月としての最高気温を塗り替えた。5月として3番目に高い気温は2010年、4番目は2012年にそれぞれ記録された。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

環境に関する13の驚きの事実

Climate Change: 10 Beautiful Places Under Threat

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-28-1430218364-9211717-about_local_heats_.jpg