気候危機

臨時国会が12月6日に召集され、岸田文雄首相は衆参両院の本会議で所信表明演説を行った。
2022年、ビジネスのキーワードになるであろう生物多様性。2週連続で配信する「ハフライブ」で学び、考えます。
関東・中部地区の一部ローソンおよびナチュラルローソンで販売。長期常温保存が可能で、防災用などとしてストックすることもできるという。
WWFジャパンの名誉総裁を務められている秋篠宮さま。日本での豪雨被害などにも触れ、危機的な状況に懸念を示されました。
「インパクト志向金融宣言」に金融機関21社が署名。「宣言だけで終わりとするのではなく活動を通してインパクト投融資を発展、進化させていくためのプラットフォームとしていきたい」 (松原稔・りそなアセットマネジメント責任投資部長)
海水温が異常に高かった年には、ペアが別れて新たなパートナーを見つける割合が1〜3%から8%まで上昇したという。
クロアシイタチは夜行性で非常に恥ずかしがり屋な性格。近くのコロニーから抜け出してきたといいます。
NHKの討論番組で、3人の新人議員に「NO YOUTH NO JAPAN」代表理事の能條桃子さん、政治学が専門の東京理科大学講師・松本朋子さんが問いかけた
「気候危機は人間による危機。何十年にもわたる(人間の)怠慢により、気候の緊急事態は加速している」と厳しく指摘しました。
市民参加型のサーキュラーエコノミーは、一歩進む心意気と仲間さえいればどんな地域でもできます。まずは身近な食という切り口から自分自身や周囲がどんな選択をすれば地域の最適な循環を生み出すかを考えてみませんか?
BLACKPINKが気候変動対策を呼びかけました。コメント全文を日本語で紹介します。
COP26の現場に入っている「Fridays For Future(FFF)Japan」のメンバーたちが、現地で出会った各国の若いアクティビストを直撃取材。日本へのメッセージを聞きました。
環境問題にも積極的に取り組んでいます。
海面上昇の影響で存続の危機にさらされているツバル。COP26に向けたスピーチで、コフェ外相が現状を訴えました
11月7日放送の『サンデーモーニング』での発言。司会の関口宏さんは「選挙でも気候の問題とか温暖化の問題がそんなに大きなテーマにはならなかった」と振り返っていました。
気候変動対策を話し合うCOP26で、不名誉な「化石賞」を受賞した日本。批判された石炭火力発電などの方針を定めた第6次エネルギー基本計画の決定に、国民の声は届いているのか。