NEWS

「ああ、なんてこった」裁判所で被告人が号泣 その理由は?(動画)

2015年07月05日 20時51分 JST | 更新 2015年07月05日 22時25分 JST

7月3日、アメリカ・フロリダ州の裁判所で、強盗容疑で逮捕された被告が突然、裁判官の目の前で号泣する珍事が起きた。ニューヨーク・デイリーニュースなどが報じた。

オレンジ色の囚人服を着たアーサー・ブース被告の顔を見て、ミンディー・グレーザー裁判官が「ちょと質問があります。あなたはノーチラス中学出身ですか?」と尋ねた。すると、ブース被告は「ああ、なんてこった!(Oh my goodness!)」と頭を抱えて号泣し出したのだ。

実は、ブース被告とグレーザー裁判官は中学校の同級生だった。この運命のいたずらに、グレーザー裁判官は「ここで会うとは残念です。いつも貴方がどうしているか気になっていました。人生がいい方向に向かうことを祈っています」と優しく声をかけたという。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ヘンなところで眠る猫たち


【関連記事】