NEWS

大阪ひったくりマップ オープンデータを基に視覚化

2015年07月06日 15時44分 JST | 更新 2015年07月06日 18時25分 JST

大阪でひったくりの多い場所はどこ?――。

群馬県在住のエンジニア・清水正行さんが、大阪市が公開しているオープンデータを基に、ひったくりは大阪のどこで起こっているのかを可視化したマップを制作した。2012年度から2014年度の間に起こった件数が多いところほど色が濃く塗られている。

osaka

個別の地域をクリックすると、その地域で起こったひったくりの被害者の年齢、性別や被害にあった時の状況などさらに詳しい情報を参照できる。

osaka

清水さんは自身のブログ「GUNMA GIS GEEK」で地図を使ったビジュアライゼーションを多数制作している。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています