NEWS

Facebookは結婚式や赤ちゃんの写真だらけ。だから俺はブリトーを愛している

2015年07月14日 20時55分 JST | 更新 2015年07月14日 20時59分 JST

この男のブリトーへの愛は深い。

婚約やらウェディングやらの写真がFacebookのフィードに溢れるなか、サンフランシスコ在住の作家、デイビット・シコースキは、自ら愛するものの写真を投稿した。「テキーラ・ラ・クンブレ」で買ったブリトーだ。

burrito

「もうこの歳になると、Facebookは婚約やら赤ちゃんやらの写真でいっぱいなんだ。10年前はこんなことはなかった。友達が週末にやらかしたしょうもない写真ばっかりだったのに。で、ブリトーがめっちゃ好きだから、ミュージック・フォトグラファーのクリスティーナ・バクレフスキっていう友達に電話したら、彼女がこのアイディアに飛びついたってわけ」。

そんなわけで、バクレフスキとシコルスキ、そしてブリトーはサンフランシスコの名所で写真を撮り始めた。

burrito

地元の人が愛するオーシャンビーチをのんびり、そして気だるく散歩。

burrito

burrito

名物のケーブルカーとフェリービルディングの前でブリトーへの愛を見せるシコルスキ。

burrito

burrito

サンフランシスコの恋人たちはここで必ず写真を撮る。ゴールデンゲートブリッジにて。

burrito

burrito

アラモスクウェアで飲もう。

burrito

サンフランシスコと関係ないところでも。

burrito

同じ場所で、2個目のブリトーにかぶりつく。「一日中、街を駆けずり回ってお腹が減ったんだ。ブリトーのこの刺激的な香りに夢中なんだ」。

burrito

burrito

彼の美しく、サルサソースに満ちた愛は、こういうことを教えてくれる。「抱きしめよう。愛の形がどんなものであっても。たとえ、愛が足りなかったとしても」。

シコルスキは言う。「出かけて相手を見つけて、結婚する。そういう人もいる。最高のブリトーさえあれば幸せな人だっている。そういうことさ」。

友よ、アーメン。アーメン。

※この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています