facebook

SNSなどが暴力を扇動したとして、トランプ氏のアカウントを停止した。これは「言論の自由」を制約する行為ではないかと世界各国で議論されている。  私はこの問題について米国弁護士の視点からなるべくわかりやすく見解を示したい。
重要な発言の場を失ったトランプ大統領。テック業界にとって前代未聞の歴史的な1週間を振り返る。
ワシントンD.C.での支持者の暴動の後、トランプ氏に対するプラットフォームの規制が強まっている
教皇の公式アカウントから、露出の多い格好をしたブラジル人モデルの女性の写真に「いいね」していた様子が確認され、騒動となっている。
バイデン氏は「この選挙の勝者を宣言するのは、私でも、ドナルド・トランプでもない。有権者だ」と反論している。
New York Timesは「Facebookはトランプ大統領もしくは大統領の支援団体が選挙の無効を訴え始めることを含め、選挙後のシナリオを複数準備している」と報じています。
アップルのフィル・シラー氏は、手数料は「アプリをダウンロードしても動かない」という状況を避けるためのものだと主張。
「子どもたちは新型コロナウイルスにはほとんど感染しない」と、大統領は主張していましたが…
コカ・コーラも「世界にもソーシャルメディアにも、人種差別の場所はない」とし、SNSでの広告掲載を一時停止。