天津爆発で直径100mの巨大クレーターが出現(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

中国の天津市で8月12日に起きた大規模爆発で、爆心地には直径100m規模の巨大クレーターが出現していたことが分かった。中には水がたまっているという。産経ニュースなどが報じた。

8月15日に撮影された空中写真を見ると、爆発の衝撃の大きさが伝わってくる。17日時点で死者数は114人に上ったと発表されている。犠牲者はさらに増える可能性があり、当局は周辺3kmを立ち入り禁止にした。

  • EPA=時事
    中国天津市で、大規模爆発の現場にできた巨大な穴 撮影日:2015年08月15日
  • EPA=時事
  • EPA=時事
Close
天津大爆発
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています