NEWS

犬の飼い主の38%は、パートナーより犬を愛している(調査結果)

2015年08月28日 15時08分 JST
Gabor Geissler via Getty Images
Woman with boyfriend and dog sitting on a blanket outdoor.

もしあなたが犬を飼っていて、愛犬とパートナーのどちらが大切かと聞かれたら何と答えるだろうか?

調査によれば、アメリカでは、自分のパートナーよりも愛犬の方が大切だと考える人たちが少なくないようだ。

ペットグッズ定期購入サイト「プーチ・パークス」が、約1000人の愛犬家を対象に行った最新の調査で、愛犬家の38%が、自分のパートナーもしくは配偶者よりも、飼い犬を愛していると答えた。

愛犬家たちは、ペットがいなくなった時の方が、パートナーとの関係が破綻した時よりもショックが大きいとも認めている。ショックの度合いを1から10までのスケールで表現してもらったところ(10が最もショックの度合いが大きい「精神的に完全に打ちのめされる」を意味する)、愛犬の脱走は平均9.1だったのに対し、パートナーとの破局は8.8だった。

プーチ・パークスのティナ・ヴィダル社長は、ニュースリリースで次のように述べている。「愛犬はペット以上の存在で、心の支えと喜びをもたらします。それはまさに、配偶者に期待される役割です。子犬のためなら何でもしてあげたくなるような犬好きにとっては、大勢のアメリカ人がパートナーよりも愛犬を選ぶという結果はそれほど驚きではありません」

イギリスの通信社「SWNS」によれば、愛犬家の94%が、「ペットがパートナーと良い関係を築くのは重要だ」と考えており、71%は「ペットとパートナーの関係がうまくいかないと、パートナーとの関係に問題が生じる」と答えた。

また回答者の半数近くは、配偶者またはパートナーを同じくらい愛犬を信頼していると答えた。

プーチ・パークスが8月26日の「ナショナル・ドッグ・デー」に公開した動画でも、愛犬家たちは人間よりもペットをずっと深く愛し、信頼していると話している。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています