NEWS

【速報】ヤクルト、14年ぶりセ・リーグ優勝

2015年10月02日 22時11分 JST | 更新 2015年10月02日 22時43分 JST

プロ野球セ・リーグは、ヤクルトスワローズが10月2日、神宮球場で阪神に勝ち、14年ぶり7回目のリーグ優勝を決めた。

hatake

優勝へのマジックを「1」としていたヤクルトは初回、4番・畠山和洋のタイムリーで1点を先制したが、阪神は8回、代打・関本賢太郎のタイムリーで同点に追いついた。その後は両チームとも決め手を欠く展開が続いたが、ヤクルトは延長11回、2アウト1、3塁のチャンスに、6番・雄平がタイムリーヒットを放ち、2-1でサヨナラ勝ち。巨人の4連覇を阻んだ。

yakult

14年ぶりのセ・リーグ優勝を決めるサヨナラの適時打を放ち、喜び合う雄平(左端)らヤクルトナイン=2日、神宮球場

yakult

14年ぶりのセ・リーグ優勝を決め、胴上げされるヤクルトの真中満監督=2日、神宮球場 

2014年に最下位だったヤクルトは、真中満・打撃コーチが監督に就任。ロッテ・成瀬善久や日本ハム・大引啓次をFAで獲得するなど、大型補強でのぞんだ。

2015年のセ・リーグはまれに見る激戦となり、ヤクルトも首位から最下位まで浮き沈みを繰り返したが、山田哲人が打率3割、ホームラン30本、30盗塁以上の「トリプル3クラブ」を手中に収めるなど、打線が好調。セットアッパーのオンドルセク、リリーフのバーネットら抑えも好調で、9月に入って巨人、阪神とのデッドヒートを頭一つ抜け出した。

スポニチによると、真中監督は、前回2001年に優勝したときの若松勉監督の言葉を再現し、スタンドを沸かせた。

 「ヤクルトファンのみなさんが(スタンド)一面にいたので、いい雰囲気で素晴らしいゲームができました。ファンの皆さん、優勝おめでとうございます」。優勝監督インタビュー。大歓声を浴び、かつての若松監督の名言でスタンドのヤ党を沸かせた。

真中監督、涙の7度舞い!“名言”も復活「優勝おめでとうございます」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球より 2015/10/02 22:18)

また、この日は巨人がDeNAに勝ち、2位を確定させた。

ヤクルトは14日から本拠地・神宮球場でのクライマックスシリーズで、日本シリーズの出場権をかけて争う。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています