Huffpost Japan

ノーベル平和賞、チュニジアの民主化貢献団体「国民対話カルテット」に

投稿日: 更新:
NOBEL PEACE TUNISIA 2015
A combo of recent file pictures shows (LtoR) Secretary General of the Tunisian General Labour Union (UGTT) Houcine Abbassi, President of the Tunisian employers union (UTICA) Wided Bouchamaoui, President of the Tunisian Human Rights League (LTDH), Abdessattar ben Moussa and Tunisian lawyer Fadhel Mahfoudh. Tunisian mediators of the socalled National Dialogue Quartet (Tunisian General Labour Union UGTT, Tunisian Confederation of Industry, Trade and Handicrafts UTICA, Tunisian Human Rights League | FETHI BELAID via Getty Images
印刷

2015年のノーベル平和賞について、ノルウェーのノーベル賞委員会は10月9日、同国の団体「国民対話カルテット」に授与すると発表した。この団体は2013年、チュニジアの労働組合、産業団体、人権連盟、法曹の4団体が結集してつくられたもので、2011年にチュニジアの独裁政権が崩壊した後、「多元的な民主制を作り上げるのに決定的な貢献」をしたとしている。

ノーベル賞委員会はTwitterで「国民対話カルテットは2010-11年の「アラブの春」以降、市民と平和的対話の道を敷いてきた」と説明した。

チュニジアは2011年1月の民主化運動「ジャスミン革命」でベンアリ独裁政権が崩壊。これを発端として、北アフリカ・中東のアラブ諸国に民主化要求運動が波及、この動きは「アラブの春」と呼ばれる。

2011年1月にはエジプトで大規模なデモが発生してムバラク大統領が辞任に追い込まれ、同年2月にはリビアで反政府デモが起こって武力衝突に発展、カダフィ政権が崩壊した。他にも、アルジェリアやイエメン、サウジアラビア、ヨルダン、シリアなど多数のアラブ諸国で政府に対するデモや抗議活動が連鎖的に発生した。

しかし中東では過激派組織IS(イスラム国)の台頭などで混乱が続いており、「アラブの春」で高まった民主化の機運もしぼみつつある。毎日新聞は今回のノーベル平和賞について「委員会側にはチュニジアの取り組みを国際的に評価することで、中東全体の民主化を後押しする狙いがあるとみられる」と分析した。

ノーベル平和賞の賞金は800万スウェーデン・クローナ(約1億1600万円)。授賞式は12月10日にノルウェーの首都オスロで行われる。

Close
ノーベル平和賞の主な受賞者
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
マララ・ユスフザイさん画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡