Huffpost Japan

千葉モノレール、35万円で中古車両を販売 「マジで安い」その裏には?

投稿日: 更新:
印刷

鉄道マニアにはたまらない逸品が、売りに出されることになった。10月17日に開かれた「ちばモノレール祭り」に展示された本物の千葉モノレールの車両の横に、税込み35万円と値札がついていたのだ。

この車両は三菱重工が造った1000形。車体の長さは14.8メートル、重さは21.5トンだ。1988年の千葉モノレール開業当初から使われ、2015年8月に検査期限切れで引退となった。193万8000キロを走行した年季が入った車両だ。販売条件は「原則として現状のまま保存すること」「転売しないこと」だという。

ネット上では「マジで安い」「欲しい」という声が続出しているが、よく見ると但し書きにはこんな文句が。「別途費用が発生します。参考・輸送費(100万円以上)・ラフタークレーン(1カ所約10万円)など」。

バイク程度の値段で本体を買えるとはいっても、移動するだけで相当な価格がかかる。おいそれとは手を出せないが、ホテルやレストランとして再利用することができれば話題になりそうだ。同じ車両は、千葉県いすみ市の「いすみポッポの丘」にも移設されている。

Close
世界のモノレール
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

千葉モノレールがもう乗れないモノレールを35万円で販売

千葉都市モノレール乗車4億人 千葉駅できょう記念イベント開催

日本でなぜそんなにモテる? 実は我が国は「モノレール大国」だった:新モビリティビジョン

「俺ガイル」と「千葉モノレール」の本格コラボが展開中! 即日完売したグッズの再販も