Huffpost Japan

バイデン副大統領、2016年アメリカ大統領選に立候補せず

投稿日: 更新:
JOE BIDEN
Vice President Joe Biden, accompanied by his wife Jill and President Barack Obama, announces that he will not run for the presidential nomination, Wednesday, Oct. 21, 2015, in the Rose Garden of the White House in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin) | ASSOCIATED PRESS
印刷

アメリカのバイデン副大統領は10月21日(現地時間)、ホワイトハウスで、2016年の大統領選挙に立候補しないと明らかにした。

「残念ながら、民主党の候補者指名争いに加わるには時間が足りない」とバイデン氏は述べ「民主党、アメリカ国民が、オバマ大統領の業績を反故にしようとしているなら、悲劇的な間違いを犯す」と、オバマ氏の施策を支持するよう訴えた。

バイデン氏は数カ月前から、大統領選に名乗りを上げるとの観測が浮上していたが、2015年5月、バイデン氏の長男が脳腫瘍で死去したことで、大統領選への意欲が残っているかどうかの疑問も提起されてきた。

バイデン氏は21日、長男の死で、大統領選への「扉は閉ざされた」と話す一方、残された副大統領の任期中、がん撲滅への支援に力を注ぐとも明らかにした。「何にでもなれるなら、がんを撲滅した大統領になりたかった。なぜならそれは可能だからだ」

バイデン氏は21日、ホワイトハウスで、オバマ大統領とジル・バイデン夫人と並んで会見に応じた。

バイデン氏の大統領選出馬の観測が流れる中、本人は何度も、家族が最優先事項だと述べてきた。民主党の指名争いで支持率トップを走るヒラリー・クリントン氏が、国務長官時代のメール私的利用問題などで批判をあびる中、大統領選への出馬の可能性が取りざたされてきた。8月には支持者に対し、クリントン氏が掲げる格差是正策への疑問を表明し、自ら大統領選の最優先政策に掲げる意欲を見せていた

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳、要約しました。

Close
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

バイデン副大統領、不出馬表明 米大統領選

バイデン米副大統領、出馬しない意向表明 2016年米大統領選

クリントン氏支持拡大「バイデン氏出馬望まず」優勢 WSJ調査

クリントン氏支持拡大、バイデン氏は不支持多く