baiden

「同盟関係を修復し、再び世界と関わる」ことを約束しているバイデン大統領。新政権でいったい何が変わるのか?
「新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして...」
「トランプ氏の経済安保政策は“とりあえず中国を叩けばいい”という節があり、若干雑な部分があったことは否めません」(井形彬・多摩大学大学院客員教授)
「暴力や破壊行為をするあなたたちは、アメリカを代表することはできない」と批判しました。
選挙結果を覆そうとする大量のトランプ氏支持者らが議事堂に乱入し、審議が一時中断する異常事態となった。
「不正選挙で彼(バイデン氏)が勝った」と投稿。その1時間半後に「彼が勝ったとみなしているのはフェイクニュースメディアだけだ。私は何も認めない!」として、以前の投稿を事実上撤回した。
世界最大級のイギリスの賭けサイト史上、政治関係では過去最高額という。
抑圧から解放され歓喜に酔いしれる若者の力強い声を聞いた。 一方で、ある保守派のコメンテーターは顔を赤らめ「これからは私たちがそういう思いをする番になるかもしれない」と語った。
アメリカ大統領選をめぐる「売電」問題。「いい加減、売電を忘れて欲しい」「めんどくさすぎる...」と悲鳴が上がっている。
「誰に投票したかに関係なく、あなたの投票には価値がある」と選挙に参加したアメリカ国民を称えた。