NEWS

【南沙諸島】アメリカの駆逐艦、中国が造成した人工島の「領海」に侵入へ

2015年10月27日 00時20分 JST | 更新 2015年10月27日 19時58分 JST
Reuters

[ワシントン 26日 ロイター] - 米国防当局者は26日、米海軍のミサイル駆逐艦「ラッセン」が、南シナ海で中国が造成した人工島から12カイリ(約22キロ)の境界に接近しており、12カイリ内に数時間とどまる見通しだと明らかにした。

中国は人工島から12カイリの海域を領海と主張している。

ラッセンは現地時間27日早く、スプラトリー諸島のスビ礁とミスチーフ礁付近を航行。これらの岩礁は、中国が2014年に大規模な埋め立てプロジェクトを始める前までは満潮時に海面下に沈んでいた。

南沙諸島の画像集