Huffpost Japan

「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」 謎の宗教の正体は?

投稿日: 更新:
SPAGETTI
ミケランジェロの「天地創造」の絵にコラージュされたスパゲッティ・モンスターの姿(右) | Wikimedia
印刷

あなたは「アーメン」と祈る代わりに「ラーメン」と唱える宗教をご存じだろうか。信じられないことに、この宗教は実在する。それが、アメリカで生まれた「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」だ。

正確にいうと、これは宗教のパロディ、もしくは一種のジョークであり、世間一般で言う「宗教」とは全く別物だ。

そもそもの始まりは、2005年。カンザス州の教育委員会が、進化論だけでなく「インテリジェント・デザイン説(ID説)」も公立の学校で教えることを義務づけようとしたことだった。ID説とは生命や宇宙が「知性的な何者か」によって創造されたとする説で、キリスト教右派の強い支持を受けていた。

この動きに対して、「これは科学ではない」と、科学者や教師を中心に強い反対が巻き起こった。その論争のさなかに立ち上がったのが、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」を生み出したボビー・ヘンダーソンさん。彼は「知性的な何かが宇宙を生み出したって説が認められるのなら、スパゲッティが宇宙を生み出したという説だって認められていいはず」と考えた。

そこで彼は、カンザス州教育委員会に公開質問状を送り、「空飛ぶスパゲッティ・モンスターによる地球創造説」も進化論やID説と一緒に公立高校で教えることを提唱したのだった。

このようにID説への皮肉として生まれた「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」なのだが、海賊のように生きることを推奨し、天国にはビールを噴出する火山とストリッパーが務める工場がある。祈りの際に「ラーメン」と唱える……などのユニークな教義が人気を博し、現在では世界各国で支部ができている。

欧米のようにキリスト教と科学の対立構造がない日本では、未だに知名度が低い「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」。詳しい教義や誕生の経緯については、生みの親であるボビー・ヘンダーソンさんの「 反★進化論講座 空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書」(築地書館)に詳しく書かれている。

menkyo
リンゼイ・ミラーさんの、スパゲッティ湯切り用のボウルを被った免許証の写真

■湯切りボウルをかぶった免許証が認められた理由

と、ここまで解説したところで、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の信者を名乗る女性の話。ハフポストUS版は11月16日、アメリカ・マサチューセッツ州ローウェルのリンゼイ・ミラーさんが、スパゲッティ湯切り用のボウルを被った免許証の写真が認められたと報じた

8月には、同じ写真で、マサチューセッツ州自動車登録所に免許の更新を却下されていた。「免許登録所の人たちは、私を見て笑っていました」。ミラーさんは、ボストン・グローブ紙に当時の体験を語った。「私は、理不尽だと思いました。『この信仰を聞いたことがないというだけで、免許を認めないなんておかしい』と思いました」

ミラーさんは、頭に湯切りボウルを被ることで、神であるスパゲッティ・モンスターに対する信仰心を表現できるのだと語った。自動車登録所の広報担当者はAP通信に対し、免許証写真では、帽子などで頭部を覆うことは認められないが、宗教的理由により例外を認めていると述べたという。

聴聞が行われる前、免許登録所はミラーさんと接触し、最終的に湯切りボウルを被った写真は認められると告げた。

8月に免許の更新を却下された後、ミラーさんは行政不服申立てを行った。セキュラー・リーガル・ソサイエティ (アメリカのヒューマニスト連合の弁護士ネットワーク) のメンバーであるパティ・デジュネさんが、この訴訟に協力している。デジュネさんは、免許登録所が「過ちを認め」謝罪したと述べた。ミラーさんは、政府機関が意見を翻してくれたことをうれしく思うと述べていたという。



CREDIT: AMERICAN HUMANIST ASSOCIATION

Close
奇妙なニュース  何かおかしいけど、真実
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】

他のサイトの関連記事

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教 日本支部 (Flying Spaghetti,FSM JPN ...

「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の信者、“湯切り器”を被った免許証写真が認められる

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の信者が証明写真を撮ったら?