Huffpost Japan

台湾デスメタルバンドのボーカル、国会議員に初当選 なぜ?(画像)

投稿日: 更新:
FREDDY LIM
DERBY, UNITED KINGDOM - AUGUST 11: Freddy Lim of Chthonic performs on stage during day 2 of Bloodstock Open Air 2012 at Catton Hall on August 11, 2012 in Derby, United Kingdom. (Photo by Gary Wolstenholme/Redferns via Getty Images) | Gary Wolstenholme via Getty Images
印刷

選挙運動の写真だけでは、台湾の立法委員(国会議員に相当)に立候補していたフレディ・リム(林昶佐、39歳)が、アジアの熱いデスメタルバンドのボーカルだとは気づかないかもしれない。

長髪を後ろでまとめ、黒いアイラインを消し、タトゥー(入れ墨)を隠して、1月16日の台湾総統選と同時に行われた立法院選挙(定数113)。フレディ・リムは初の立候補で初当選を果たした

freddy lim
有権者に手を振るフレディ・リム

freddy lim
集まったフレディ・リムの支持者たち

2014年3月18日から4月中旬にかけて、中国と台湾がサービス分野の市場開放を目指して締結をめざした「サービス貿易協定」に抗議し、台湾の大学生らが立法院を約3週間にわたって占拠した(「ひまわり学生運動」)。リムはこのあと、2015年1月にミニ政党「時代力量」を立ち上げた。

リムの選挙運動は、20歳以上が選挙権を持つ台湾で、初めて投票する若い世代をターゲットにした。アムネスティ・インターナショナル台湾の前代表でもあるリムは、与党・国民党と中国大陸との密接な関係を強く批判した。CNNとのインタビューで、リムは「中国経済に飲み込まれる台湾に、若い世代は同意しない」と話した。

freddy lim
フレディ・リムの選挙運動で音楽をかけるDJ

自ら率いるバンド「ソニック」とともに、台北市内でコンサートやデモをするなど、既存の選挙運動とはかけ離れたリムのやり方を、対立候補は激しく非難した。同じ台北の第5選挙区から立候補した国民党のベテラン政治家・林郁方氏は、、リムを「精神異常」と切って捨て、議会から追放しようと有権者に呼びかけた。しかし、結果は6000票以上の差がついた。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳、加筆しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
台湾総統選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

クラウド・ルー、台ワンダフルに出演し親日家ぶりをアピール