NEWS

ヒヤッ。旅客機がとんでもない低さでビーチを横切った(動画)

2016年02月09日 15時49分 JST | 更新 2016年02月09日 17時11分 JST

もともと飛行機が低空飛行することでマホ・ビーチは有名だが、この飛行が今までで一番地上に接近したものかもしれない。

2016年1月に投稿されたこの動画では、PAWAドミニカの旅客機がセント・マーチン島のマホ・ビーチの地上すれすれを飛んでいる。

もう少しで、ビーチの人の手がMD-83旅客機に届きそうなくらいだった。

YouTubeの動画につけられた説明によると、この事故は1月6日に旅客機がプリンセス・ジュリアナ国際空港に着陸する際起こったそうだ。

「低空飛行はスタントではなく、飛行機がすごい角度で着陸しようとしているのが遠くからでも分かりました」と、この動画を投稿したDez Rosswessさんが動画説明の中で書いている。

こちらのAirliners.netからも、今回の飛行機の写真を見ることができる。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

関連記事

世界一危険なビーチ 写真集