Huffpost Japan

津島佑子さん死去、著書「火の山」など 太宰治の次女

投稿日: 更新:
印刷

太宰治の次女で、小説「火の山−−山猿記」や「ナラ・レポート」などで知られる作家の津島佑子さんが2月18日午後4時10分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。68歳。時事ドットコムなどが報じた。

津島さんは1947年3月、東京・三鷹生まれ。生まれた翌年6月、父親の太宰は自死。知的障害のある兄を、12歳の時に亡くした体験も後の小説執筆に影響を与えた。

白百合女子大卒後、69年に「レクイエム」でデビューし、72年に「狐を孕(はら)む」が芥川賞候補となった。

「寵児」「光の領分」など数々の作品を発表し、女流文学賞や読売文学賞など多くの賞を受けた。谷崎潤一郎賞などを受賞した「火の山−−山猿記」はNHK連続テレビ小説「純情きらり」の原案となった。

毎日新聞によると、2014年末に肺がんが見つかり、闘病しながら「父をテーマに書く」と準備を進めていたという。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

作家・津島佑子さん死去 著書に「火の山」など、太宰治の次女