sakka-

本名は瀬戸内晴美さん。現代を生きる多様な女性の姿を描き、多数の文学賞を獲得し人気作家に。原発問題など社会問題についても発信していた。
これまでの4シーズンでチームの悲願であるリーグ優勝を果たせず、辞任を申し入れる。「私自身悔いはないですし、やりきった」
「Jリーグが来季から事実上のホームタウン制度撤廃を検討している」との一部報道に反論した。
3試合を終えて1勝2敗、勝ち点3の日本。10月12日の第4節では現在グループ首位のオーストラリアと戦います
問題が封印されていた「6」年間にちなみ、前半「6」分に両チームが円陣を組み、意思を示した。
9月12日に開幕を迎えた女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」。同月6日に、リーグの社会事業「WE ACTION」のキックオフミーティングを開催した。
PRESENTED BY WEリーグ
横浜F・マリノスでも監督を務めたアンジェ・ポステコグルー監督。「私たちの最優先事項は、選手を守り、サポートすることだ」と語った。
元サッカー選手のライアン・ネルセン氏は「不愉快だと感じるのがほんのわずかな人たちであったとしても、十分に変更する理由になる」と話しています。
スコットランド1部のセルティックで活躍する古橋亨梧選手に対する人種差別行為があったとしてクラブが徹底抗議。対戦予定のレンジャーズは一部サポーターの差別行為について調査を開始した。
20年以上をともにしてきたチームとの望まぬ別れ。退団の報告で、メッシは涙を流した
金メダルを獲得するのはオリンピック連覇を目指すブラジルか、日本との準決勝で激闘制したスペインか。ここまでの歩みや注目選手も紹介します。
クリスティン・シンクレア選手が教えてくれる、勝者の品格や寛容さとは何かということ
サッカー日本代表の中山雄太選手が、Instagramに写真を投稿しました。
「温かいおもてなしをありがとうございました!さようなら!」Instagramに投稿しました。
東京オリンピックで3戦連発の久保。スペインでの少年時代を知るのが、スペイン1部リーグのアラベスでジュニアチームのコーチを務める今村匠実さん(32)だ。
準決勝はスペイン戦。日本が勝てば、銀メダル以上が確定。久保建英選手のパフォーマンスに更なる期待がかかる。
日本対フランス、南アフリカ対メキシコの試合はそれぞれ、28日夜に開かれる。
東京オリンピックでサッカー女子日本代表が7月27日夜、決勝トーナメント進出をかけ、最終チリ戦に臨む。
南アフリカ代表の選手や関係者らが新型コロナウイルスに感染し濃厚接触者が続出し、試合前から注目を集めた。金メダルを目指す上で非常に重要となる一戦です。