Huffpost Japan

犬は、主人の帰りを待ち続けた。 帰ってこないとは知らずに...

投稿日: 更新:
印刷

2週間以上も、帰ることのない主人の帰りを待ち続けた犬がいる。

テキサス州ヒューストンの、あるアパートの入り口。ハテム・アブハービッドさんが乗った車を探そうと座り続けている犬を、近隣住民は何度も目にした。

「彼は飼い主を失ってしまったんです」と、近くに住むカサンドラ・ユーバンクスさんは、地元テレビ局のKTRKに話した。

「車を見ると追いかけていくのですが、飼い主の車でないと分かると立ち止まり、何ともやりきれなさそうな様子を見せるのです」

この忠実な犬は、飼い主がもう帰って来ないと知らない。飼い主だった54歳のハテムさんは、強盗に殺害されてしまったのだ。ABCニュースによると、ハテムさんは2月7日、勤務先のコンビニで、待ち伏せしていた2人の強盗に脚を銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡した。この強盗殺人事件について、警察は現在も捜査中だ。

KTRKによると、アパートの住民はこの犬にエサや水をあげたという。しかし、犬はハテムさん以外の他の人間とは、全く関わろうとしなかった。

近くに住むマランダ・ぺレスさんが、この犬を助けるためにやって来た。ソーシャルメディア上でこの犬の存在を知ったのだという。ぺレスさんは自分の犬をアパートに連れて行き、1時間ほどかけてなだめた後、犬から信用を得ることができたと話した。

その後、ハテムさんの弟が、この犬を引き取りたいと申し出た。ネットユーザーの中にも、この犬を引き取りたいと申し出た人もいたという。

飼い主のハテムさんは2月7日、働いていたコンビニで待ち伏せしていた2人の強盗によって殺害された。ハテムさんは脚を銃で撃たれ、その後搬送先の病院で死亡した。この強盗殺人事件について、警察は現在も捜査中だという。ABCニュースが伝えた

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


▼画像クリックで開きます▼

Close
笑う犬たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

景気低迷のブラジルで飼い犬盗難事件が急増、身代金要求も