NEWS

班目春樹氏、菅直人元首相をマンガでこき下ろす「マッカーサー気取り」

2016年03月09日 23時16分 JST | 更新 2016年03月10日 15時48分 JST

東日本大震災当時、原子力安全委員会の委員長を務めていた班目春樹氏が、当時の様子をマンガにして、自身の公式サイトで公開していた。

madarame

madarame haruki
班目春樹氏

マンガは4コマまんがの形式を取り、3月10日午前10時現在、「官邸などでの体験」「メディアとの攻防」「国会での体験」の3つのカテゴリに70作品以上が公開されている。

斑目氏は公式サイト上で、「東電福島事故当時になにがあったのか」「原子力安全委員長はどんな体験をしたのか」を描いていると解説。ただし、官邸であったことについては「私はずっと眠らせてもらえなかったので、記憶が飛んでしまっている」として、事実だと主張するものではないともコメントしている。

一方で、メディアとの攻防については「ほとんど実際にあったこと」、国会での体験についても、「国会議員の悪口を言うことはそんな人に投票した国民への悪口であり、 天に唾するものであることはよく分かっているのですが… でも、言わせてください」などと主張した。

なお、これらのマンガの中では、顔が描かれていない人物も登場する。状況などから当時の菅直人首相だとみられるが、顔を描かない理由について、斑目氏は、次のように記している。

「 実は私はあのときの後遺症で、いまだにあの顔を思い出すだけで気分が悪くなるのです。 したがってその似顔絵を描くことなどとてもできません。 それが誰かはお分かりになると思いますので、その人の顔は描いていません。 その顔は適当に想像してください。」

madarame

斑目氏の漫画には、ネットから様々な意見があがっている。


▼クリックするとスライドショーが開きます▼

2011年の福島第一原発のすがた


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています