fukushimadaiichigenpatsu

東日本大震災から11年となった11日、各地の被災地は祈りの朝となりました。
新潟地裁の判決は自主避難の合理性を認めたが、賠償額は「求めていた請求額からはほど遠い金額」となった。
処理水を実際に海に流すレベル(100分の1以下)まで薄め、通常の海水での飼育と比較検証する計画という。
海洋放出がもたらす環境へのリスクをめぐって、日本政府の情報公開が不十分だと批判した。
国際環境NGOグリーンピースは、福島第一原発の処理水の海洋放出に対して非難している。
処理済み汚染水の海洋放出をめぐっては、漁業者らの反発が根強く残っている。
福島県は原発の廃炉や汚染水の処理問題、未だ多くの方が避難生活を送っているという過酷な現状があります。ただ一方で、「復興のその先」を見据えた新しい姿を見せ始めています。
東京電力福島第一原発事故後の10年間、敦賀原発を含めた原電の全3原発は稼働しておらず、売電収入がない中での資金提供となる。
福島第一原発の地元、双葉町に設置されていた幅16メートルの看板。地元小学生の願いを込めたものだったが、原発事故後は放置。2015年に撤去されていた。
溶け落ちた核燃料「デブリ」の取り出しに向けて英国で開発中の装置の試験と関係があり...