NEWS

保育士の待遇改善求める署名提出 厚労相自ら「受け取りたい」と発言したが... 【 #保育士辞めたの私だ 】

2016年03月30日 23時31分 JST | 更新 2016年03月31日 00時04分 JST
YouTube / 民進党

保育士の給与について一人当たり5万円の増額を、安倍晋三首相と塩崎恭久厚生労働相に求めるネット署名に、約3万人分の賛同が集まり、3月30日、元認可保育園の園長らから厚労省の担当者に提出された

園長らは、署名を塩崎厚労相に直接手渡すことを希望し、厚労相も自ら「受け取りたい」としていたが、結局は担当者が受け取った。

政府・与党は28日に発表した待機児童問題の緊急対策で、保育士の待遇改善を中長期的課題にとどめており、野党の案に近いこの署名を受け取ることで、夏の参院選前に「敵に塩を送る」のを嫌ったとみられる。

■なぜ、厚労相に直接渡したいのか?

署名活動は、元認可保育園の園長だった大川えみるさんが1月から開始。「短大卒の正規保育士の初任給は15~16万円程度です。昇給は非常にゆっくりで10年たってもようやく1万円の差が出るくらいです」などとして、待遇改善を訴えた。

この日は2万8483人分の署名を提出した。提出にあたり、大川さんは「署名の約1割にあたる人が、コメントを寄せてくださった」とコメント。厚労省の担当者に「保育関係者、子供を持つ親、保育士を目指す学生、またその学生の家族などがコメントを寄せてくださった。そういうことから、保育士の待遇はもはや社会問題、社会全体で考えなければならない問題なのではないかと考え、然るべき方に直接届けたいと思った」などと、塩崎労働相への提出を希望した理由を語った。

■厚労相は直接署名を受け取らなかった

厚労相もこの日の衆院厚生労働委員会で、自らの手で「受け取りたい」と述べていた。ところが、厚労省は「大臣が受け取ることはできない」と回答。署名は担当者に提出された。毎日新聞は、「自民党が待ったをかけた」として、次のように報じた。

5万円増は民進党など野党が掲げる政策。政府・与党は28日に発表した待機児童問題の緊急対策で、保育士の待遇改善を中長期的課題にとどめており、夏の参院選前に「敵に塩を送る」のを嫌ったとみられる。
 
待機児童:野党の得点阻む 参院選にらみ - 毎日新聞より 2016年3月30日 21時43分)

大川さんは、署名活動の開始後に、野党5党が保育士給与を5万円引き上げる法案を提出したため、与党が(署名提出を)「野党側の提案」とみなすのではないかと懸念し、以前から「私はいずれかの党に肩入れするつもりはありません。与党・野党・一般市民が皆協力して実現に繋がればいい」などと思いを綴っていた

■厚労相はこれまで直接署名を受け取ったことはあったの?

塩崎厚労相が署名を直接受け取ることは、これまでにもあった。3月9日には、保育園の待機児童問題の実態を国会議員に訴えるためのネット署名を直接受け取っている。この時は、民主党(当時)の山尾志桜衆院議員が衆院厚生労働委員会で塩崎氏に、署名を直接受け取るよう依頼。塩崎氏も、直接受け取るとしていた。

塩崎氏が直接署名を受け取ったことについては、自民党内部から「野党のやり方にいつまで付き合うのか」と不満があがり、塩崎氏は自民党幹部から注意されていたという。

今回、厚労相ではなく担当者が受け取ったことについて、大川さんは「この問題に厚労大臣が向き合うと言っているのに、形式的な受け取りだけで済ませようとする自民党・厚労省の姿勢には断固、抗議します」と憤った。大川さんはまだ署名は続いているとしており、「塩崎大臣が『受け取る』と言って下さったのですから、引き続き、署名を集め、再度の提出の機会を伺いたいと思います」などと述べた