NEWS

熊本城は地震でどうなったか? 比較写真で分かる深刻な被害

2016年04月18日 16時50分 JST | 更新 2016年04月18日 17時43分 JST

熊本地震によって、熊本城は櫓や門など重要文化財に指定されている13の建築物全てで深刻な被害が出ている。NHKニュースなどが4月18日までに報じた。全長242メートルの長塀は、約100メートルが倒壊。東十八間櫓は石垣ごと崩落した。往事の姿を残す5階建ての宇土櫓も一部損壊した

戦後に復元された建物も大きな被害が出ている。1960年再建の大天守は屋根瓦が剥がれ、しゃちほこも落下。2005年再建の飯田丸五階櫓は石垣の崩壊が続き、櫓がいつ落下してもおかしくない状態となっている。熊本城総合事務所は、「修復に10年以上を要する可能性がある」との見通しを明らかにした

加藤清正が築き、日本三大名城の一つとして知られる熊本城は、今どうなっているのか。熊本城のFacebookなどを元に、被災状況を比較写真でまとめた。


■本丸の石垣

kumamotoishi0

Flickr/NAO IIZUKA

homaru02

地震で崩落した熊本城の石垣。奥は天守閣=15日午前7時44分、熊本市(時事通信社)


■戌亥(いぬい)櫓(2003年再建)

kumamoto castle

kumamoto castle


■飯田丸五階櫓(2005年再建)

iidamaru22


■北十八間櫓、東十八間櫓、五間櫓(いずれも国指定重要文化財)

kumamoto castle

yagura

熊本城のFacebookによると、東十八間櫓と北十八間櫓が崩壊。かろうじて残っているのは五間櫓だけだという。


■数寄屋丸二階御広間(1989年再建)

sukiya


■西大手門(2003年再建)

nishi


■小天守の下の石門

sekimon00

sekimon


■備前堀の長塀

nagabei


■宇土櫓(国指定重要文化財)

kumamoto castle


■大天守(1960年再建)

tenshu000

2009年撮影 FLICKR/TANAKA JUUYOH

tenshu02

屋根瓦やしゃちほこなどが崩れた熊本城=16日午前、熊本市(時事通信社)

関連記事

熊本で震度7(2016年4月22日更新)