kumamotojishin

熊本県と大分県で270人以上が犠牲となった熊本地震から、4月14日で5年となる。
「東日本大震災の余震とみられます」という言葉、大地震の後の報道でよく見聞きしますが...
7月7日。元サッカー日本代表・巻誠一郎は、豪雨による洪水の被害にあった熊本県人吉市に入った。そこで見たものとは。
熊本地震の本震から4月16日で4年を迎える。仮設暮らしから新たな住まいへと抜け出す時期に、新型コロナの感染拡大に見舞われた。「被災者の孤立が加速するのでは」と不安が広がる。
仮設住宅で暮らす人が今も3000人以上いるなど、復旧・復興の道半ばだ。当時の様子や、現在の姿などを写真で振り返る。
『ひさいめし』第2作を刊行。「どれだけふとした時に目に入るようにするかが大事で、漫画はその手段の一つです」
市町村が認定する際の統一的な基準がなく、ばらつきがあるのが課題だ。
熊本地震から2年。今、住宅ローンを抱えて被災した人はどうしているのか
南阿蘇村は、まだ道路の復旧も完全ではない。しかし、少しずつ、確実に復興へ向けて進んでいる。