Huffpost Japan

山本功児さんが死去、64歳 元ロッテ監督

投稿日: 更新:
印刷

元ロッテ監督の山本功児さんが4月23日、肝臓がんのため北九州市内の自宅で死去した。64歳。スポニチなどが報じた。

山本氏は三田学園から法大、本田技研鈴鹿を経て、75年ドラフト5位で巨人に入団。79~80年にかけては計7試合で4番に座った。84年にトレードでロッテに移籍。88年に引退するまで現役通算1217試合で打率・277、64本塁打、369打点、13盗塁の成績を残した。引退後はロッテで2軍監督、1軍打撃コーチなどを歴任。99~03年には5年間、監督を務めた。人情味あふれる熱血漢な性格で知られ、多くの選手、関係者に慕われた。
 
山本功児氏死去 64歳、元ロッテ監督、巨人で4番 長男はDeNA ― スポニチ Sponichi Annex 野球より 2016年4月23日 16:16)
Close
山本功児さん
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

長男はDeNAに育成選手として所属する山本武白志(むさし)内野手


▼画像集が開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

山本功児 - Wikipedia

山本功児Jr. 父の前でスカウトも驚く140メートル弾! ― スポニチ ...

元ロッテ監督 息子のために「移住」も…家族でつかんだ甲子園 ...

元ロッテ監督・山本功児氏が死去