Huffpost Japan

東京オリンピック新エンブレム、A案「組市松紋」に決まる(画像)

投稿日: 更新:
印刷

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は4月25日、公式エンブレムが最終候補4作品の中からA案に決まった。NHKなどが報じた。1万4599点の応募作品の中から選ばれた。

大会組織委は、4つの候補案についてネットやはがきで広く意見を募集。最終的に、エンブレムの選考を行う組織委員会の有識者会議「エンブレム委員会」の採決で多数決により決定したという。

■A. 組市松紋(くみいちまつもん)


2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会

歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。 形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

残りの3作品は以下の通り。

Close
東京オリンピック新エンブレム4候補(リスト)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

▼画像集が開きます▼

Close
五輪エンブレム
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド