Huffpost Japan

北海道七飯町・置き去り事件で不明の男児を無事保護、両親に笑顔見せる【UPDATE】

投稿日: 更新:
MISSING BOY
Japan, Hokkaido, Kameda District, Nanae, View of Tree base. (Photo by: JTB Photo/UIG via Getty Images) | 時事通信社
印刷

北海道七飯町の山林で5月28日、両親が「しつけ」として小学2年の田野岡大和君(7、北斗市)を置き去りにした事件で、NHKなどは、6月3日朝に、北海道鹿部町の自衛隊駒ヶ岳演習場内で大和君が6日ぶりに見つかり、保護されたと報じた。北海道警や消防、自衛隊などが山中を捜索していたが、大和君はずっと演習場内にいたという。

NHKは陸上自衛隊の話として、隊員が大和君を見つけたのは、3日午前7時50分ごろ、駒ヶ岳演習場内の自衛隊員の宿泊施設の中でだったとしている。マットレスにくるまっていた男児に「やまとくん?」と声をかけると「そうです」と答えたという。

演習場は、男児が行方不明になった七飯町の山林から北約4キロの地点にある。男児は「お腹が減っている」と話し、隊員が手渡したおにぎり2つを食べたという。目立った外傷などはなく、ドクターヘリで函館市立函館病院に運ばれた。

産経ニュースなどによると、搬送先の函館病院では、主治医が記者会見で大和君の健康状態について説明した。約1週間、水だけを飲んで暮らしていたため、軽い低体温や低栄養状態などがあるが、「命にかかわる状態ではない」と主治医は話している。また、大和君は午前9時半ごろに両親らと対面、笑顔も見られたという。