Huffpost Japan

「防衛費は人を殺す予算」 日本共産党の藤野保史氏が発言撤回

投稿日: 更新:
FUJINO
衆議院予算委員会で質問する共産党の藤野保史氏=2016年02月05日午後、東京・国会内 | 時事通信
印刷

日本共産党の藤野保史政策委員長は6月26日、NHKの討論番組の中で、防衛費について「人を殺すための予算」と発言した。藤野氏は同日夕、党広報部を通じて文書で「不適切であり取り消す」と発言を撤回した

参議院選挙の特集番組で、国政政党9党の政策責任者が出演した。藤野氏は、2016年度の防衛費について「軍事費は戦後初めて5兆円を超えたが、人を殺すための予算ではなく、人を支えて育てる予算を優先していくべきだ」と述べた

これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「言い過ぎだ。日本を守るためだ」と反論した。公明党の石田祝稔政調会長らが発言を撤回するよう求めたが、藤野氏は番組中では応じなかった。

産経ニュースによると、藤野氏は番組終了後、「発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、不適切であり、取り消します」と釈明したという。


関連記事

【参院選2016】各党リーダーが街頭で第一声 どこで何を語った?


「支持政党なし」ってどんな党? 参院選では比例区と5選挙区で立候補


参院選、憲法改正は隠れた争点? 改憲派が3分の2に到達するラインとは


画像集が開きます

Close
富士総合火力演習【2013年8月24日】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡