sangiinsenkyo

立花氏が辞職した場合、N国党から参議院選挙に立候補し落選していた放射線専門医の浜田聡氏が繰り上げ当選する。
2013年に東京都議会に初当選を果たすも、翌年の都議会で「早く結婚した方がいい」などと野次を浴びた。
与党は、今回改選する124議席のうち過半数の63議席の獲得を目標に掲げていたが、目標をクリアした格好だ。
やれることは全部やったと思います。話題にもなったと思います。しかし...
投票は大切だということだけを訴えるのではなく、「自分は社会の一員だ」と感じてもらえる政治教育や、体験が日本の中にもっと増えるといいなと思います。
「自分たちの声を届けてくれる議員」を支え続けること。そんな議員をたくさん作っていくこと。これは次の選挙を待たずに今すぐにできることだ。
この少子化の時代、最も国に貢献し、まっさきに褒められ優先されるべき人々が,最も苦しんでいるというおかしな現象を引き起こしている。
参議院選挙が終わりました。勝ったのは明らかに与党です。ところが、野党からもそれほどの悲壮感は伝わってきません。
選挙事務所でハフポスト日本版のインタビューに応じた。
田原総一朗さんと若者が参院選の投開票日を前に対談しました。