Huffpost Japan

成績表など数万人分が流出か 佐賀市の17歳少年を再逮捕

投稿日: 更新:
印刷

生徒の成績などを管理する佐賀県立高校の教育情報システムに侵入したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は6月27日、佐賀市の無職少年(17)を不正アクセス禁止法違反容疑で再逮捕した。少年がシステムから盗み取った成績表や生徒の住所などの情報は数万人分にのぼるとみられる。毎日新聞などが報じた。

NHKニュースによると、少年は1月、佐賀県教育委員会が独自に導入している教育情報システム「SEI-Net」や県立の学校が導入している校内のネットワークシステムに3回にわたって不正アクセスをした疑いが持たれている。警視庁は少年が不正アクセスを繰り返し、生徒の氏名や成績に関する個人情報を大量に盗み出していたとみて捜査している。調べに対し少年は、容疑をおおむね認めているという。

テレ朝newsが警視庁の情報として伝えたところによると、少年は学校の教職員用のIDやパスワードを使ってこのシステムにアクセスしたとみられる。少年のパソコンからは少なくとも6校分の職員や生徒・保護者の住所や電話番号などを含む20万ファイル以上の個人情報が見つかったという。

毎日新聞によると、逮捕された少年は6日、有料デジタル放送の視聴に必要な「B-CASカード」を使わずに、パソコンで有料放送を無料視聴できるプログラムを開発してインターネット上で公開したとして、不正競争防止法違反容疑で警視庁に逮捕されていた。