Huffpost Japan

「淫夢くんの動画」動物虐待か スローロリスの研究者が警告

投稿日: 更新:
印刷

まずは、上記の動画を見て欲しい。サルのような奇妙な生物が女性に脇をくすぐられた後に、片手を上げてガッツポーズを取っている。

これは、2012年に「ニコニコ動画」に投稿された「完全勝利した淫夢くんUC」という作品だ。ゲイ向けのアダルトビデオに登場するサルの一種に似ていたことと、人気アニメ「機動戦士ガンダムUC」のBGMを合わせたことが話題を呼び、300万回以上も閲覧された。

一見するとただの面白動画だが、動物虐待だと指摘する声が専門家から出ている。実はこの生物、絶滅が危惧されている「スローロリス」というサルの一種だ。珍獣としてネット上では大人気だが、不適切な飼われ方をしているケースが多いという。スローロリス研究の第一人者である、イギリスのオックスフォード・ブルックス大学教授、アンナ・ネカリス博士に取材した。


■片手を挙げて「頭を保護しようとしている」

anna2
都内でインタビューに答えるアンナ・ネカリス博士

6月26日、東京都渋谷区内でスローロリスの保護を訴えるセミナーを開いたネカリス博士に、前述の動画を見てもらった。彼女はため息をつきながら、次のように指摘した。

「明らかに嫌がっていますね。ガッツポーズのように見えるのは、身を守ろうとしているからです。決して喜んでいるわけではありません。頭を保護しようとしているのです。スローロリスは霊長類では唯一、毒を持っています。脇から毒を出そうとしていると考えられるので、このように脇を触り続けるのも危険な行為です」


■ネットで火がついた「スローロリス」

slow loris
ボルネオ島で撮影された野生のスローロリス

スローロリスは、インド東部からビルマ、タイ、インドネシアなど東南アジアの森林に広く生息している。顔は平たく、つぶらな目を持ち、体長は30センチ程度。まるでぬいぐるみのようなユーモラスな姿が、ネット上で人気となった。野生の環境下では個体数が減っており、2007年のワシントン条約締約国会議で国際取引が禁止になった。それにも関わらず、世界的にペットとして高値で取り引きされている。国内では180万円という値段がつくこともあるという。

ただし、ネカリス博士によるとスローロリスがペットマーケットで出回るようになったのは、つい最近のことだ。

「2009年にロシアで撮影されたと見られる動画が、YouTubeにアップされたことがきっかけでした。その後、中東や東欧などの比較的な裕福な層の間で、スローロリスを飼って『うちの子を見て』と、動画をアップすることが流行ったのです。そのため、ネット上の動画は2009年以降に爆発的に増えているんです」

それが、日本に飛び火した。「淫夢くん」の動画について、ネカリス博士は、もともとは海外の動画で、イスラエル人が撮影したものが転載されて広まったのではと指摘する。ネット上のスローロリスの動画は160程度。そのうち93は日本で撮影されたとみられるという。

「夜行性なのに、明るい中で撮影されていたり、野生では食べない果物やおにぎりを食べさせたりする動画もあります。スローロリスは、本当の生態を知らないままに不適切に飼っている人も多いです。いくら可愛い動物だからといって、野生のものは野生でいるのが一番だと訴えていきたいと思います」


日本で撮影されたと見られる、「おにぎり」を食べるスローロリスの動画

画像集が開きます

Close
スローロリス画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡