Huffpost Japan

小池百合子氏、在特会の関連団体での講演を指摘され「よく存じておりません」

投稿日: 更新:
KOIKE
記者会見する小池百合子氏 | Taichiro Yoshino
印刷

自民党衆院議員の小池百合子氏は7月8日、東京の日本外国特派員協会で記者会見し、東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)への立候補を改めて表明した。

小池氏は「推されて出るのも一つの方法ですが、私は日本の伝統技術の『根回し』はうまくないと反省していますが、それを超えて私の情熱を理解していただきたい」と述べ、英語で閣僚時代の実績などをアピール。様々な出自を持つ人が活躍できる「ダイバー・シティー」の実現を公約に掲げた。

一方で、過去に小池氏を招いて講演会を開いた団体が、ヘイトスピーチ(差別扇動発言)が社会問題になった「在日特権を許さない市民の会」の関連団体だったことについて、事実関係をフリージャーナリストの江川紹子氏から問われたが、小池氏は、

「いろんな講演会に招かれることはしばしばございます。しかし私は在特会という、最近よく出ておりますけど、それについてはよく存じておりません。また、私を招いてくれた会は、こことどういう関係にあるか知り得なかったということでございます。よって、その認識はないということです」

と、明言を避けた。

出席した記者からは「安倍晋三首相との関係はどうなっているのか。第1次政権では54日で退任し、第2次政権では一切声をかけられていない。安倍首相は『女性の活躍』を言うけれど、あなたはまったく登用されていない」という質問もあがった。

小池氏は「54日ではない、55日です」と訂正した上で「第1次政権では(防衛省の守屋武昌・元)事務次官に退任を迫ったところ、男性ベテラン議員から『女はもののふの気持ちが分からない』としかられた。利権構造を徹底的に解明していくこともやっていきたい」と答えたあと、安倍首相との関係について、以下のように一言だけ述べて煙に巻いた。

That's politics. (それが政治だ)とお答えしておきます。

関連記事小池百合子氏の経歴は? 「相当の野心家であり、手だれだ」と過去の評【東京都知事選】

増田寛也氏、どんな人? 岩手県知事や総務相を歴任、都知事選の有力候補に浮上

石田純一氏が会見、「野党統一候補なら出馬」【東京都知事選】

Also on HuffPost:

Close
次の東京都知事選に名前が挙がった人たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡