Huffpost Japan

大橋巨泉さん死去「11PM」や「クイズダービー」などで活躍

投稿日: 更新:
QUIZ
TBSチャンネル
印刷

「11PM」や「クイズダービー」などで活躍したタレント・司会者の大橋巨泉さんが7月12日、急性呼吸不全で死去した。82歳だった。フジテレビ系「とくダネ!」などが20日、報じた。

大橋さんは2005年からがんの闘病を続けており、5月27日発売の週刊現代では、約20年間連載を続けていたコラム「今週の遺言」の最終回を掲載した。自身の病状について「衰えた」「何時まで生きられるかわからない」などと記していた。4月11日朝に自宅療養中に体調が悪くなり緊急入院、救命措置を受けたが、意識が戻ったのは4月末だったという。

コトバンクなどによると、大橋さんは1934年、東京・墨田区出身。早稲田大学政治経済学部中退。ジャズ評論家、テレビ構成作家を経て、タレント・司会業に転身。2001年には民主党から参議院議員選挙に立候補し当選したが、約6カ月後の2002年1月29日、辞職願を提出、議員辞職した。

1960〜80年代に「11PM」「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」「クイズダービー」「大橋巨泉の世界まるごとHOWマッチ」などの多くの人気番組に出演した。

1990年には56歳で「セミ・リタイア」を宣言し、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ所の自宅で生活を送っていた。

2016年2月には、黒柳徹子さんが司会のテレビ朝日系『徹子の部屋』の40周年記念ゲストとして、7月7日に83歳で亡くなった永六輔さんと共に出演、昭和のスターたちが揃い踏みした放送で話題になった。

毎日新聞は妻の寿々子さんが寄せた手紙を紹介している。手紙に寿々子さんは「皆様方も良くご存知のように夫は自他共に許す”わがまま”と言われ、痛い事や辛い事、待つ事、自分の意に染まない事は避けて通るという”我儘”でした。(中略)そんな夫が11年間の闘病生活を勇敢に戦ってきました」として「どうぞ大橋巨泉の闘病生活に”アッパレ!”をあげて下さい」と綴っている。

また、永六輔さんの訃報は「ショックの大きさを考えて伝えませんでした」と書かれていた。

oohashi kyosen
故愛川欽也さんをしのぶ会に出席し、弔辞を述べた大橋巨泉さん  撮影日:2015年06月04日

▼大橋巨泉さんの闘病歴

2005年、人間ドックで早期胃がん発見、胃の半分を切除する手術
2013年、中咽頭がん摘出手術
2014年、肺と食道の間にある縦隔のリンパ節へのがんの転移を公表、放射線治療などを行う
2015年、右肺にがんが見つかり5月に摘出手術、10月にリンパ節のがんの除去手術
2016年、左鼻腔内にがんが見つかり、抗がん剤治療と放射線治療を受ける

関連記事小倉智昭氏、大橋巨泉さんを悼む 「最後は"ありがとう"しか言わなくなって......」

▼画像集が開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡