Huffpost Japan

唐辛子を食べながら氷水の風呂桶に入っている中国人たち。一体何をやっているんだ?(画像)

投稿日: 更新:
ZHEJIANG
HANGZHOU, CHINA - JULY 20: A man sitting in an ice bucket eats peppers during a competition at Song Dynasty Town on July 20, 2016 in Hangzhou, Zhejiang Province of China. As the ground temperature reached 40 degrees Celsius in Hangzhou, tourists competed eating peppers while sitting in the ice buckets to feel hot and cool at the same time in the Song Dynasty Town scenic area. (Photo by VCG/VCG via Getty Images) | VCG via Getty Images
印刷

気温40度の炎天下で、辛いものや食べたら汗をかく食べ物を口にするのは、なかなかつらい。

だが、中国浙江省杭州市のアミューズメントパーク「宋城」で7月20日、それが実行された。

photo

この日、中国全土から集まった旅行客が唐辛子大食い競争で争った。この競争では、暑さを吹き飛ばすちょっと変わったおまけがある。彼らは氷水の風呂の中に浸かっていたのだ。

photo

猛暑日となった杭州では、挑戦者たちは氷水風呂のおかげで暑さと涼しさを同時に味わうことができた。

photo

photo

こうなると、何でもありのようだ。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
中国の唐辛子大食い競争
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡