Huffpost Japan

谷垣禎一幹事長は頸髄損傷で手術 自民党が発表、復帰のめど立たず

投稿日: 更新:
TANIGAKI
谷垣禎一幹氏)Japanese Justice Minister Sadakazu Tanigaki speaks in a press conference in Tokyo on February 21, 2013. Japan hanged three death-row inmates on February 21, reports said, which, if confirmed, would be its first executions since a conservative government swept to power in landslide elections in December. AFP PHOTO / KAZUHIRO NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images) | KAZUHIRO NOGI via Getty Images
印刷

自民党の細田博之幹事長代行は7月26日の記者会見で、サイクリング中に転倒して入院している谷垣禎一幹事長が頸髄損傷で手術を受けたと明らかにした。毎日新聞などが伝えた。細田氏は「テレビで相撲を観戦するなど意識ははっきりしている。合併症はなく経過は良好」と説明した

細田氏は「今後の正確な見通しは言うことはできない」と述べ、公務復帰のめどは明言しなかった。細田氏によると、会見前にあった党役員会では、谷垣氏の進退について議論していないという。

谷垣氏は今月16日、東京都内で趣味の自転車で走行中に転倒して負傷し、入院した。これまで党は「たいしたけがではないが大事を取って入院した」と説明しただけで、けがの部位や詳しい容体についての言及を避けていた。党内では、谷垣氏の入院が長引けば、来月3日にも行われる内閣改造・党役員人事に影響するとの見方も出ている。
 
谷垣氏:頸髄を損傷 自民・細田氏、復帰めど明言せず - 毎日新聞より 2016/07/26 12:05)

細田氏はまた、谷垣氏が幹事長職を続けられるかどうかについて「(本人から)そういう話は一切ない。安倍晋三首相からもない。実際どのように回復されるかは個人差がある。見守りたい」とするにとどめた

首相の意向に沿った党運営に努めてきた谷垣氏に対して、政権内には続投を求める声もある。朝日新聞デジタルは「谷垣氏が交代する場合、岸田文雄外相の幹事長起用も取りざたされている」と伝えている。

▼画像集が開きます▼

Close
自転車通勤で有名な世界各国の都市
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡