Huffpost Japan

聴覚障害を理由に飲食店の予約を断る チェーン運営会社が抗議受け謝罪

投稿日: 更新:
REJECTION JAPAN
Businessman making hand gesture,close up | sot via Getty Images
印刷

聴覚障害理由に入店拒否 兵庫の飲食店、抗議受け謝罪

滋賀県ろうあ協会の会員7人が5月、兵庫県尼崎市の飲食チェーン店から聴覚障害を理由に予約を断られたことがわかった。相談された同協会が抗議し、運営会社(本社・横浜市)と店が謝罪したという。

同協会によると、7人は5月9日にこの店にファクスで予約を申し込み、全員が聴覚障害者と記した。翌日、店長からファクスで「手話のできるスタッフがおらず、筆談での対応もしていない」などと断られた。協会から抗議を受けた運営会社は6月に謝罪文を送り、店長らも協会を訪れて直接謝罪したという。

同協会の辻久孝会長は「大変遺憾。まだ障害に関わらず安心して暮らせる社会になっていない」と批判する。運営会社の広報担当は「不適切な対応で関係者の方々に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません」とのコメントを出した。従業員への教育を徹底するという。

(朝日新聞デジタル 2016年7月31日08時29分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

関連記事
スターバックスのドライブスルーが、耳の聞こえない女性を感動させた

関連記事
「議会から合理的配慮を」 筆談ホステス斉藤さんら障害ある議員が訴え | 福祉新聞