hyogoken

現場は兵庫の矢田川。「地面が動いているような感じ」と撮影者は語った
長男が檻での生活を20年以上強いられていたとみており、失明の経緯も捜査する。
昭和初期に途絶えてしまった「高砂染」を復刻しようとの取り組みがあります。