NEWS

サッカー日本代表、ナイジェリアに4-5で敗れる 猛追及ばず【リオオリンピック】

2016年08月04日 21時45分 JST | 更新 2016年08月05日 00時39分 JST
RAPHAEL ALVES via Getty Images
Japan's player Minamino (#18) celebrates after scoring against Nigeria during the football match between Japan and Nigeria for the Olympic Games Rio 2016 in Arena Amazonia, Manaus, Brazil, August 4th, 2016 / AFP PHOTO / Raphael Alves / AFP / RAPHAEL ALVES (Photo credit should read RAPHAEL ALVES/AFP/Getty Images)

リオデジャネイロ五輪は4日(日本時間5日)、開会式に先立ちサッカー男子の1次リーグが始まった。48年ぶりのメダルを目指す日本代表は4日午後9時(5日午前10時)から、初戦となるナイジェリア戦に臨んだが、4-5で敗北した。

オリンピック日本代表のスタメンはGK櫛引、DFは室屋、塩谷、植田、藤春、MFは遠藤、原川、大島、南野、中島、FWは興梠の各選手。

■前半、序盤から壮絶な点の取り合いに

前半の序盤は日本、ナイジェリアとも壮絶な点の取り合いとなった。前半5分にナイジェリアがウマルのシュートで先制すると、前半9分にはFW興梠がPKを決め、日本が同点に追い付いた。しかしその直後、ナイジェリアのエテボが強烈なシュートを決め、突き放しにかかる。だが日本も前半11分、MF南野がシュートを決めて食らいつく。

その後はボール争いが続き、互いにゴール前での攻防が何度か続く試合運びとなったが、前半42分にナイジェリアが3点目を決めたところで前半終了。日本は1点ビハインドの2-3で前半を折り返した。

■後半、日本は猛追するも追いつけず

後半、日本のキックオフで始まったが、51分にナイジェリアのエテボがシュート。先制を決められ2-4に。日本は原川に代えて浅野がピッチインするも、66分にエテボのシュートで追加点を許し2-5に。

69分、日本の浅野がゴールで2点差に追い付く。その後、鈴木武蔵を投入と矢島をピッチに投入。3人の交代枠を全て使い切ってナイジェリアゴールを狙った。

後半のアディショナルタイム4分には鈴木武蔵が意地のゴールを決めるも、ここで試合終了。猛追及ばず、日本は4-5でナイジェリアに敗北した。ナイジェリア代表は飛行機のトラブルで現地入りが当日となるも、日本に勝利し、勝ち点3を獲得した。

日本は8日にコロンビアとの対戦に臨む。

【前半】日本2-3ナイジェリア

・5分、ナイジェリア、ウマルのシュートで先制。

・9分、FW興梠がシュート、日本が同点に追い付く。

・9分、ナイジェリアのエテボが強烈なシュートを決め勝ち越し。

・11分、MF南野がシュートを決め、日本が同点に追い付く。

・42分、ナイジェリアが3点目。

【後半】

・51分、ナイジェリア、エテボがPKを決め4点目を獲得。日本2-4ナイジェリア

・53分、日本は原川に代えて浅野がピッチイン。

・66分、ナイジェリアはエテボがゴール。日本2-5ナイジェリア

・69分、日本の浅野がゴール。日本3-5ナイジェリア

・70分、日本はFW興梠に代えて鈴木武蔵を投入。

・75分、日本はMF中島に代わり矢島をピッチに投入。3人の交代枠を使い切る。

・85分、ナイジェリアが選手交代。

・アディショナルタイム4分、鈴木武蔵がゴールを決める。日本4-5ナイジェリア。

※試合時間は手元の時計による。