Huffpost Japan

天皇陛下「お気持ち」表明は8日午後3時 生前退位めぐりビデオ形式で

投稿日: 更新:
EMPEROR
天皇陛下は23日、82歳の誕生日を迎えられる=18日、東京・皇居・宮殿「石橋の間」[代表撮影](撮影日 2015年12月18日) | 時事通信社
印刷

「生前退位」の意向を周囲に示している天皇陛下が、8月8日の午後3時から、ビデオメッセージの形で象徴としての務めについてのお気持ちを表されることが決まったと、宮内庁が5日に正式発表した。時事ドットコムなどが報じた。

同庁によると、映像は約10分間で、象徴天皇としてのあるべき姿や、今後の公務についての考え、82歳の今の体調や加齢の影響などに言及するとみられる。

生前退位の実現には皇室典範改正などが必要だが、憲法4条は「天皇は、国政に関する権能を有しない」と定めており、陛下の発言によって政治的な影響が出ないよう、退位に関する直接的な言及は控えるとみられる。
 
8日午後3時に「お気持ち」=天皇陛下、ビデオ形式で表明-生前退位めぐり・宮内庁:時事ドットコムより 2016/08/05 18:20)

陛下がビデオメッセージを発表するのは、2011年3月の東日本大震災時に国民にお気持ちを表明して以来、2度目となる

政府は既に6月から極秘チームをつくって水面下で検討を進めており、共同通信は「気持ちの表明を受けて、本格的な議論を進めることになりそうだ」と伝えた。

宮内庁はサイトに映像や日本語全文のほか、海外向けに英訳も掲載する

安倍晋三首相も、「お気持ち」表明の内容を踏まえ、8日にもコメントを出す方向で検討しているという。


▼画像集が開きます▼

Close
若き日の天皇皇后両陛下
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡