Huffpost Japan

「野獣先輩は架空の存在ではない」大島薫、元AV男優を捜索する理由を語る

投稿日: 更新:
印刷

kaoru

インターネット放送「AbemaTV FRESH!」と「ニコニコ生放送」で放送予定の「ゲイ向けのアダルトビデオ(AV)に出演していた元AV男優を捜索する」という番組企画が、ネット上で議論を呼んでいる件について、番組に出演するタレントの大島薫さんがハフポスト日本版のメールインタビューに応じた。

番組告知を受けて、Twitter上では「プライバシーの侵害だ」「元はAV男優だろうが、今は家族もいるかもしれない」と抗議の声があがった。弁護士の南和行さん(なんもり法律事務所)はハフポスト日本版の取材に対し、番組の企画は「AVに出ているか否かに関係なく、明らかにプライバシーの侵害だ」などと警鐘を鳴らしている

大島さんは過去に「男の娘AV女優」として、女装してアダルトビデオに出演していたことで知られている。なぜ「元AV男優を捜索する」という番組企画が生まれたのか。大島さんの考えを聞いた。

――「野獣先輩を捜索する」という番組企画は、どなたが立案者したのでしょうか?

紛れもなく、ボク自身です。ただ、まずこれは初めに言っておかなければいけないことですが、ネット上でまるで『探偵を雇って野獣先輩の現住所を晒す』という企画のように言われていますが許可なく他人の住所を晒したり、本人を無理やり映像に写したりすることができると思ってるんでしょうか?

捜索には細心の注意を払いますし、仮に野獣先輩が出演するに至っても本人の許可は必ず取ります。今回の御社の記事でも、「本物の探偵がゲイ向けのAVに出演していた元AV男優を捜索する内容だ」と書いてありましたが、探すのはあくまでボクと番組運営であり、探偵さんが探すわけではありません。番組内でもツイッターでも探偵を雇う等という言葉は使用していない上、ましてや晒すなどということも一切言ってないのですが、そういったインパクトのある言葉を使った第三者の記事のほうが拡散し、またそれを鵜呑みにして思考停止で叩きにくる民衆というのもインターネットメディアの悪しき構図を如実に表していますね。

――なぜ「野獣先輩」を捜索しようと思ったのでしょうか。どういう意図で、今回の番組を企画されたのでしょうか?

かなり前からゲイビデオに出演しているある男性の画像や動画が「野獣先輩」の名称で広くネットに無断転載されていることは存じておりました。普通に考えれば肖像権の侵害ですし、倫理的にも許されないことではありますが、その流行の理由に「野獣先輩」という存在は、インターネット上で架空の人物であるかのようにされているという現状が一旦を担っていることを知り、今回の企画を発案しました。

なぜ野獣先輩が架空の存在ではないことを知らしめることに、野獣先輩の流布を止める効果があるのかについては、過去ニコニコ動画で野獣先輩と同じくゲイポルノ男優として広く拡散していたビリー・ヘリントンという人物の例があります。同じくニコニコ動画で無断転載されていたビリー・ヘリントン氏が、イベントのゲストに登場することになり急速にその動画や画像が出回らなくなりました。「動画の中だけの人」が「現実に存在する人」になることで人々の倫理観が元に戻ったのではと考えております。

もちろんビリー・ヘリントン氏のように番組に映ることや、出演することの許可を出すのは紛れもなく野獣先輩本人です。許可なく無理やり映像に映すことなどできるわけがないのに、『晒して笑い者にする気か』といった意見には正直閉口します。それと、野獣先輩が出演を承諾しなかったとしても、自分たちが拡散している画像の人物が本当に存在するんだということを世間にはっきりわからせることに意味があると思います。

kaoru2

――今回の番組、すでに捜索対象者の出演がきまっているなど、いわゆる「仕込み」や「やらせ」はあるのでしょうか。

ありません。

――ネット上では番組内容について、すでに一般人になっていると思われる人物を捜索することは、「プライバシーの侵害だ」「元はAV男優でも、今は家族もいるかもしれない」と抗議する声があがっています。企画時にこういった批判を受けることは想定していましたか。

想定していました。しかし、それは野獣先輩の存在をいままでネタのように扱ってきた淫夢厨(※「野獣先輩」と呼ばれる人物が出演するAVをネタにする人々)と呼ばれている人々に対してです。当然、そちらからまず抗議が来ました。「野獣先輩の人権を考えてるんですか?!」と息巻くその人のタイムラインを見ると野獣先輩の画像を無断転載していたり、淫夢語録(※「野獣先輩」と呼ばれる人物が出演するAVで使われたセリフ)というようなお決まりのフレーズを呟いていました。

つまり、彼らは本気で野獣先輩の人権など心配していないのです。要するにいままで散々オモチャにしてきた野獣先輩が見つかることによってビリー・ヘリントン氏のようにネタにし辛い空気が生まれるのではないかという危惧からあえて人権という言葉を用いているに過ぎません。本当に心配しているのであれば「野獣先輩の人権を守る会」でも組織して、番組に抗議したほうが良いはずです。しかし、彼らはそんなことをしません。なぜなら本当にそんな会が設立されてしまったら一番困るのはいままで野獣先輩をネタにしてきた彼らなのですから。

――番組を放送する予定の「ニコニコ生放送(ドワンゴ)」や「Abema TV FRESH!」の運営側から、これまでに番組内容に対する意見や、番組を中止するような要請などはありましたか。

ありません。ネットの書き込みやボクへのリプライだけで、実際に抗議文やメール等の報告はいまのところありません。淫夢厨の方々にとっては、普段画像や動画を無断転載している自分たちが野獣先輩の人権を訴えているという構図まで含めて"ネタ"なんでしょうね。

――一橋大法科大学院生の男性が、同級生に同性愛者であることを友人に公表された後、心身に不調を来して転落死した事件がありました。今回の番組企画についても、本人が現在「隠しておきたい」「知られたくない」と思われることを、世間に流布すること(アウティング)になるのではという懸念もあります。これについてはどうお考えですか。

今回想定外の点でいえば、そういったゲイの方々からの非難です。その「野獣先輩の人権を考えてるんですか?」という淫夢厨の半ばギャグのような煽り文句を鵜呑みにして本当のゲイの方々やセクシャルマイノリティー評論家もどきのライターさんたちなどから批判が来ました。

そもそも今回の件が起こるまで彼らは野獣先輩について知っていたのでしょうか? ゲイやセクシャルマイノリティーについて詳しいと自称しているのであれば野獣先輩という人物がネットで面白おかしく流行している現状を快く思っていなかったはずです。それをいままで放置してきたのに、いまさらアウティングだなんだのと騒ぎ立てるなんて偽善者過ぎはしませんか?

アップされる動画を見て見ぬフリをしてきた一般人たちもまた同様です。アウティングというなら、ゲイビデオに出演している画像をネットに流してるほうがよっぽどアウティングだと思うのですが。むしろ、いまになって非難されている方々は自分が「ネットに無断で画像をアップするのはいいけど、捜索するのはダメだよな」というような倫理観であると、自ら認めてしまっていることにお気付きなのでしょうか?

先方の許可なく映像や写真を写さないで捜索するのと、誰でも見られるインターネットに画像や動画を流すこと。どちらがアウティングかは火を見るより明らかだと思います。

――ネット上で相次いでいる批判について、どうお考えですか。

批判はあっていいですし、当然だと考えております。実際、今回の件で初めてそうやって野獣先輩という人物がネットで面白おかしく取り沙汰されている現状を知ったセクシャルマイノリティーの方もいるでしょうし、もしかすると実際に運動を起こす方もいるかもしれません。どちらにしろいままでの野獣先輩だの何だのとネタにしていた状況とは変化が生まれると思いますよ。

――今回の番組趣旨は、捜索対象者の日常生活の平穏を害するのではないかと懸念の声があります。望まない形での情報の流布は、プライバシーの侵害、人格権を侵害する恐れがあるとの指摘もあります。8月18日の番組を中止するお考えはありますか。

ありません。アウティングについての見解は上で述べた通りです。捜索には細心の注意を払いたいと思います。ですが、もちろん本当に「野獣先輩の人権を守る会」のような抗議団体が結成されれば放送を取りやめないでもありません。その代わり、その際にはインターネット上の野獣先輩の画像や映像を全て削除するという目標を掲げていただくくらいでないと、お話しになりません。

今回の件で「捜索までするのは一線を越えてる」といった意見もありますが、画像や映像は良くて、捜索はダメなんてそんな都合のいい理屈は通りません。

――大島さんは、ご著書やウェブを通じて、自由な性のあり方を発信されて来られました。表現手段もユニークでファンも多いです。今回の番組に限らず、今後、どんなことを伝えていきたいですか。自分の性に悩んでいる人にはどんな言葉を伝えたいですか。

今回の件で、「大島薫自身セクシャルマイノリティーなのになぜこんなことをするのか」といったご意見や「大島薫普段は差別ダメ絶対とか言ってるくせに!」といったご意見を拝見しましたが、ボクは差別ダメ絶対なんてことは、自分のコラムでもSNSでも言ったことはありません。それは普段のツイッターの発言等を見ていればわかると思うのですが。むしろ差別はあるものとして捉えています。肯定はしませんがね。

次回の放送や今後の放送では「ウリ専」や「野外ハッテン場」に潜入する企画を予定しております。ハッテン場を映すことについても「ゲイってこんなところに集まるのかと差別を助長させる気か!」とか「ハッテン場に行かないゲイもいる!」とか様々な意見を持たれる方がいますが、野外で性的な行為に及ぶこと自体が犯罪なのに、それを棚に上げてLGBTのイメージの向上を訴えるのはどうかしています。まず見直すべきはあなたの隣人ではないでしょうか。ボクも含めて、ね。

もちろんそれを面白おかしく観るのか、問題提起だと捉えるのか、バカにするのかは観る人が決めることです。ボクはあくまで考えるプロセスを提供するだけですから。

――大島さんから他にお考えがあれば、お聞かせください。

今回の件でどちらにしろ、野獣先輩をネタにして来た淫夢コンテンツは終わりを迎えるでしょうね。捜索で本人が見つかって実在する人物だとわかればいまの面白コンテンツとしては終わりになるでしょうし、人権を守るために放送中止を迫る団体が結成されて監視が厳しくなればいままで通り画像や映像を流すことができなくなり、やはり終わりになるでしょう。

これまで野獣先輩を見て「こんなことはしてはいけない。自分はRTしたり、動画を観るのはやめよう」なんて思って何もして来なかった人より、このほうが確実に画像や映像の流布を止められるとは皮肉なものですけどね。それでもボクのやり方が間違っていると思う方は、是非正当な方法で抗議してください。ボクは行動を起こしました。どうするかは行動で返してください。

大島薫

文筆家・タレント。ゲイビデオ→AV女優を経て、大手AVメーカーと純粋な男性初の専属AV女優契約を結ぶ。2015年6月にAV業界を引退し、エッセイ「ボクらしく。」を発表。今年9月末には性のハウツー本「大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと」を発売予定。

【関連記事】
「元AV男優を捜索します」ネット番組企画 弁護士「どう考えたってプライバシーの侵害」

同性愛を暴露され転落死 望まない"アウティング"に「想像力の欠如」の声も