Huffpost Japan

錦織圭、3位決定戦へ マレーに0-2「ミスが多かった」【リオオリンピック】

投稿日: 更新:
印刷

nishikori kei

リオデジャネイロ・オリンピック、テニス男子シングルスの錦織圭は8月13日(現地時間)、準決勝で第2シードのアンディ・マレー(イギリス)に1-6、4-6のストレートで敗れ、決勝進出はならなかった。

錦織は14日の3位決定戦で、準決勝で敗れたナダル(スペイン)と対戦する。勝てば銅メダルのチャンスがある。

nishikori kei

日本勢としては1920年アントワープ・オリンピックで銀メダルに輝いた熊谷一弥以来、96年ぶりのベスト4に進んだ錦織圭だったが、第2シードで2012年ロンドン大会金メダリストのマレーは好サーブを連発、主導権を握った。錦織は要所でミスも出るなど、最後まで流れをつかめなかった。

nishikori kei
錦織に勝って喜ぶアンディ・マレー

錦織は試合後、次のように述べた。

自分のミスが多かったので、彼の安定したテニスに太刀打ちできなかった。相手のサーブがすごくよかったし、なかなかリターンで攻めることができなかった。ずっとプレッシャーを感じながらプレーしていた。彼に勝てない悔しさと、もうちょっといいテニスができればよかったですけど、今日しっかりリカバリーして明日また頑張りたい。

関連記事
錦織圭、ベスト4進出 モンフィスとの激闘制す(画像集)【リオオリンピック】

▼画像集が開きます▼

Close
錦織圭vs.マレー(リオ準決勝)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡