Huffpost Japan

安倍マリオ、海外の人たちが大喜び「こんなすごい光景見たことない」【リオオリンピック】

投稿日: 更新:
印刷

8月21日に行われたリオデジャネイロ・オリンピック閉会式。通常閉会式では、次の開催都市が美しいパフォーマンスをして観客を楽しませる。しかし、日本のパフォーマンスは、美しいだけでなく、その予想外の演出で世界中の人を驚かせるものになった。

登場したのは、なんとキティちゃんやドラえもん、「キャプテン翼」の大空翼、それにゲームキャラクターのパックマン。日本が誇るポップカルチャーのキャラクターたちだ。

しかし、世界中の観客を一番驚かせたのは、土管から登場したこのキャラクターだ。

shinzo abe

そう、安倍晋三首相が人気ゲームのキャラクター「マリオ」に扮し、東京からリオまで、ドリルで地面を掘って現れたのだ。

「日本の首相が、スーパーマリオになってリオオリンピックにやってきた。次のオリンピックはこんな感じになるのかな」

「なんてこった。日本の首相が、マリオの格好で、時空を越える土管を通って閉会式に登場した」

この演出は、海外の人たちに大受けだったようだ。Twitterではこんな反応が飛び交った。

「日本の首相が、スーパーマリオのコスプレをして全世界の前に現れた。こんなすごい光景見たことない」

「これは、日本の首相。マリオの格好をして土管から現れた。私たちはなんてすごい世界に住んでいるんだ」

「日本の首相がスーパーマリオのように土管から現れた…。ハイになってないのにすごい光景が見える」

「この政治家、支持したくなる…」

「日本のパフォーマンスがマリオブラザーズだった。2020年大会が待ちきれない…」

さらに、#tokyo2020というハッシュタグで、2020年東京オリンピックがどうなるか、予想し始める人たちも現れた。

「2020年オリンピックのネタばらし」

「2020年東京オリンピック、日本の水泳チーム」

「2020年東京オリンピックは見逃せない」

中には、東京オリンピックではマリオカートができるのではないかと言う人たちも…。

「2020年東京オリンピックでは、マリオカートがあるかも」

「どうやったら、マリオカートを東京オリンピックの競技にできる? テレビゲームじゃなくて現実のマリオカート。いやこれ、真剣な話」

今日のパフォーマンスを見て、世界中が2020年の東京オリンピックを楽しみにし始めたようだ。

「閉会式での日本の2020年オリンピックの予告、これまでで一番素晴らしかった。まだ4年あるけど、もう東京行きの飛行機予約するよ」

ハフポストカナダ版に掲載された記事を翻訳・編集しました。

▼画像集が開きます▼

Close
リオ・オリンピック閉会式
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら