Huffpost Japan

北朝鮮、潜水艦から弾道ミサイル発射 500km飛行、日本の防空識別圏に落下

投稿日: 更新:
NORTH KOREA MISSILE
North Korean leader Kim Jong Un guides on the spot the underwater test-fire of strategic submarine ballistic missile in this undated photo released by North Korea's Korean Central News Agency (KCNA) in Pyongyang on April 24, 2016. KCNA/via REUTERS. ATTENTION EDITORS - THIS IMAGE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY. EDITORIAL USE ONLY. REUTERS IS UNABLE TO INDEPENDENTLY VERIFY THIS IMAGE. SOUTH KOREA OUT. TPX IMAGES OF THE DAY | KCNA KCNA / Reuters
印刷
spinner

北朝鮮は8月24日未明、日本海海上で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。

韓国軍合同参謀本部の発表によると、北朝鮮は24日午前5時30分ごろ、北東部にある咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦(シンポ)付近の海上からミサイルを1発、北東方面に向けて発射。約500km飛行し、日本の防空識別圏内の海域に落下したとみられる。

北朝鮮によるSLBMの発射実験は7月9日以来。これまでの最大飛行距離は約30kmとみられており、韓国軍は「過去数回の発射実験に比べ、進展した」とみている。

アメリカ軍と韓国軍は8月22日から、朝鮮半島有事を想定して米韓合同軍事演習(合同指揮所演習)を始めた。24日には東京で日中韓外相会談も開かれる予定で、北朝鮮への対応も議題に上るとみられ、今回の発射実験は北朝鮮包囲網への牽制ともみることができる。

日本の安倍晋三首相は「北朝鮮のミサイルが、潜水艦から発射され、我が国の防空識別圏に打ち込まれたのは初めてのこと」と述べ、「我が国の安全保障に対する重大な脅威であり、地域の平和と安定を著しく損なう許しがたい暴挙だ」と記者団の前で北朝鮮を非難した

アメリカ国務省も「国連安全保障理事会の決議に反しており、強く非難する」との声明を発表、韓国外交省報道官も「自滅を早めるだけ」と非難する声明を出した

外相会談のため来日している中国の王毅外相は24日朝、「中国の立場に変わりはない。北朝鮮の核ミサイル開発プロセスに反対する」と話した。一方で「(情勢が)さらに緊張し、複雑になることを望まない」と、関係国に自制を求めた

■北朝鮮・SLBM発射実験の経緯■

2015年1月23日咸鏡南道・新浦付近の海岸から、垂直発射弾の発射実験
2015年5月8日新浦付近の海域で、潜水艦から「北極星-1」と表記されたSLBM模擬弾の水中発射実験に成功
2015年11月28日元山付近とみられる海域で、SLBM発射実験(失敗)
2015年12月25日新浦付近でSLBM発射実験。米紙報道、韓国政府は失敗と判断
2016年3月16日新浦の造船所の地上施設でSLBM実験。米で報道
2016年4月23日新浦付近の海域でSLBM発射実験。30km飛行か
2016年7月9日新浦でSLBM発射実験。空中で爆発

聯合ニュースより

関連記事
北朝鮮、ワシントンDCをミサイル攻撃するプロパガンダ映像を公開(動画あり)


北朝鮮、打ち上げたのはミサイルかロケットか? その違いとは...