Huffpost Japan

世界初、犬のための展覧会が開かれる。わんこはアートを理解したの?(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

アートを楽しむのは人間だけだろうか?

そんな疑問に答えるかのよう、イギリスのデザイナー、ドミニク・ウィルコックス氏が、8月19、20日にロンドンで、世界初となる犬のための展覧会を開催した。

展覧会は、保険会社「More Than」による、ペットと共に過ごす時間を増やそうというキャンペーン「Play More」の一環として行われた。


絵画「骨付き肉の公園」を楽しむ、ボーダーテリアとイングリッシュポインター(MIKAEL BUCK / MORE TH>N)

展示されたのは、絵画や、巨大なドッグフードのオブジェ、それにオープンカーのシミュレーターといったアート作品だ。


ドッグフードのオブジェ「夢のディナータイム」に飛び込むボーダーテリアのボビー(MIKAEL BUCK / MORE TH>N)

犬たちが本当にアートを理解したかどうかはさておき、 ウィルコックス氏によれば、犬たちは展覧会をとても楽しんだ。「しっぽをまるでちぎれるくらい振って、茶色のボールをドッグフードに見立てた入れ物の中に飛び込んでいきました」と、彼はハフポストUS版に話した。

ウィルコックス氏は人間の展覧会と同様に、入念な事前準備をしたそうだ。

「調べたところ、犬に見えているのは黄色と青だとわかりました。それで、犬にはどう世界が見えているんだろうと想像して、何人かのアーティストに、犬に見える色彩で、犬が喜びそうな作品を作ってもらいました。それを、犬の視線と同じ高さに配置しました」


スクリーンの中でフリスビーが飛び回る作品「キャッチ」を楽しむスプリンガー・スパニエル(MIKAEL BUCK / MORE TH>N)

人間の展覧会にはない特徴もある。「匂い」だ。ウィルコックス氏は、作品に犬が好きそうな匂いを加えた。例えば、骨付き肉で作られた木の絵からはチキンの匂いがした。また、オープンカーの周りには、犬が好きそうな肉や古い靴(!)の匂いの風を吹かせた。


オープンカーのシミュレーターを楽しむ、スプリンガースパニエル。大きな送風機からは、犬が好きな匂い(肉や古い靴)の風が送られてくる(Mikael Buck / MORE TH>N)

犬の展覧会といえば、この質問も聞かないわけにはいかないだろう。「猫の展覧会は開かないんですか?」ウィルコックス氏はこう話してくれた。

「猫の展覧会も面白いですね。いくつかの作品は高い場所に設置して、猫がジャンプして見に行けるようにしてもいいでしょう。人間には見えないかもしれませんが。まあ、猫のための展覧会なんだから仕方ありません」

犬たちがアートを堪能している姿を写真で見てみよう。


絵画を眺める、ボーダーテリアと、ドイツシェパードロットワイラー、イングリッシュポインター(Mikael Buck / MORE TH>N)


「夢のディナータイム」を楽しむダックスフントのジョージと、ラブラドールのトレバー。お皿に入ったドッグフードに見立てたこの作品には1000個以上のボールが入っている(Mikael Buck / MORE TH>N)


(Mikael Buck / MORE TH>N)


(Mikael Buck / MORE TH>N)


飼い主と一緒にアートを楽しむ犬たち(Mikael Buck / MORE TH>N)


「夢のディナータイム」に入る、ラブラドールのトレバー(Mikael Buck / MORE TH>N)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
世界の大きな犬たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら