Huffpost Japan

スタンフォード大のレイプ加害者が、たった3カ月で出所する

投稿日: 更新:
印刷

photo

ブロック・ターナーを覚えているか? 

アメリカの名門スタンフォード大学の水泳チームに所属していたブロック・ターナー(20)は2015年1月18日、酒に酔って意識を失っていた当時22歳の女性を大型ごみ容器の脇でレイプした

たまたま通りかかった大学院生2人が、ターナーにタックルし、女性は病院に搬送された。ターナーは強姦罪で逮捕された。

3月にターナーは、3件の重度の性的暴行罪で有罪判決を受けた。最長で14年の懲役が下される可能性があったのに、サンタクララ郡刑務所の量刑は、わずか禁錮6カ月だった。

9月2日金曜日、ターナーは刑務所から出所する。極めて寛大な6カ月の懲役刑のうち、3カ月しか服役していなかったことになる。

ターナーへの温情判決は、判決で「よい振る舞いをした『評価』が機械的に適用された」ため、彼が刑務所に入る前に3カ月へと減刑された。彼はまた、服役中ずっと保護処分を受けていた。

今回、ターナーが手緩い処罰しか受けなかったことは、性暴力を大目にみる「レイプ文化」と「白人の特権」がぶつかり合った時に起きるまたとない事例といえる。ターナーに不利な証拠が山積していたことなど問題ではない。被害者の女性が意識不明の状態で1人きりだったことも問題ではない。血中アルコール濃度が法的許容量の3倍に達していて、当時3時間意識不明だった1人の若い女性をレイプしても、若くて有望なエリートのスポーツ選手なら、たった3カ月の服役で済むことすら問題ではない。

6月、この事件は国中の注目を集めた。BuzzFeed News23歳になった被害者の衝撃的な陳述書を公開したからだ。被害者は法廷で心が張り裂けそうになるような手紙を読み、加害者に面と向かって自身の心情を述べた。

その手紙は、レイプ、被害者へのいわれなき非難、レイプ文化の陰険な性質を言い表した、心をゆさぶるものだった。

「あなたは私を知らないでしょう。でも、あなたはわたしの中に入り込みました。だからこそ、わたしはいまここにいるのです」。若い女性は彼女の手紙を読み始めた。「あなたの無くしたものは具体的でした。肩書き、単位、学籍。私の負った傷は目に見えないもので、自分の中に抱えなくてはならないものです。私の価値、プライバシー、エネルギー、時間、安全、親密さ、自信、そして、声を、あなたは奪っていきました」。(手紙全文はこちら)。

自分の投稿で強調したい唯一の声、それはブロック・ターナーの被害者の声だ。彼女の手紙を読もう、法廷で大きな声で読もう。

彼女の手紙は性暴力の被害者全員、正義や安心を決して見いだせない人たちの声を代弁したものだった。そして1700万人もの人たちが、彼女の声に耳を傾けた。

被害者の女性への支援と連帯を表すため、有名人政治家リポーターが、心をつかんで離さない彼女の手紙を大きな声で読み上げた。民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンと、現副大統領ジョー・バイデンは、これほどの恐ろしい経験の真っただ中で決意と勇気を示した被害者の女性を讃えた。

ターナーの事件を担当したサンタクララ郡のアーロン・パースキー上級判事が寛大な判決を下したことをめぐり、100万人以上の人々が判事の罷免を求める嘆願書に署名した。被害者の女性を支援する活動家や有名人らは、一般の人たちがサポートしてくれるようにと資金集めのパーティーを開いた。8月、パースキー判事はやっと刑事裁判から外れ、今後は民事裁判のみを担当することになる。

パースキー判事が下した温情判決を受けて、カリフォルニア州議会は、ターナー事件のような事例では強制的に懲役を課す法案を可決した。この新しい法律が適用されると、ターナーは最低3年間の懲役刑に服することになる。

パースキー判事は、レイプ犯に対してあまり厳しくするべきでないと信じている。6月7日に再選を目指している。退職するように判事にメッセージを送ろう。

パースキー判事にターナーの刑罰を軽くするよう嘆願するターナーの家族や友人たちの手紙も、一般市民たちの怒りに拍車をかけた。その手紙の内容は「レイプ文化」そのものだったからだ。ターナーが卑劣な犯行に至ったのは、被害者にも過失があるとする言い訳に満ちた手紙だった。性格証人(被告人や被害者の人となりに関して証言する人)としてターナー被告の父ダン・ターナーが書いた陳述書には、息子が意識のない女性に性的暴行を働いたのは「わずか20分の行為」にすぎず、厳罰は「高い代償を払わされることに等しい」と主張した。

人々は、公開書簡で怒りを表した。性暴力の被害者たちは自身の経験を語った。世間はターナーには特権があり、それが量刑にどのように影響したのか気づいた。多くの人々は、「同意の下で行われる性行為」の定義を厳しく見直した。アルコールはレイプの口実には決してならないと分かった人がいた。居合わせた人が介入する重要さを理解した人たちもいた。

痛ましいことに、被害者の女性が受けた傷に見合う正義がもたらされることは二度とないだろう。しかし、彼女の話や言葉は、レイプに関する一般の人々の意識や、レイプ文化に対する感情に多大な影響を与えた。

6月に、この若いサバイバー(性暴力被害から立ち直ろうとする人々)はメディア向けのコメントでこう述べている。「私は匿名のままですが、それは確かに身分を保護するためです。でもそれと同時に、たくさんの人が知らない誰かのために戦っていることを示す宣言でもあります。それが素晴らしい点なのです。敬意を払われる価値があるとか、声を聞いてもらう資格があることを証明するのにレッテルやカテゴリーは必要ありません」

この女性は暴力行為を受けたが、勇気を持って進み出て、裁判の最中もひどく、つらい中傷に耐えた。この裁判は自分が襲われた精神的な傷と相まって、一生の間消えない記憶となるだろう。ブロック・ターナーは意識のない女性をレイプしたことで、ひと夏の間だけ収監された。高い代償を払ったのはどちらだろうか?

(敬称略)

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
スタンフォード大レイプ事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)