Huffpost Japan

松本人志が懸念 高畑裕太と被害者の示談は「マイナスになる可能性」

投稿日: 更新:
印刷

強姦致傷容疑で逮捕され、不起訴処分となり釈放された俳優・高畑裕太(22)が、被害者との示談成立を公表したことについて、タレントの松本人志は「イメージだけで言うとマイナスになる場合がある」と懸念を示した。

hitoshi matsumoto
松本人志 (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

9月11日にフジテレビ系で放映された「ワイドナショー」の中で、松本は以下のように話した。

「こういった性的犯罪の場合、示談はイメージだけで言うとマイナスになる場合があるかなって。『金で解決したのか』と思われてしまう可能性があるので。世間の見方は、もっと厳しくなる可能性はあるなと思いますね」

その上で、松本は「示談したくないんです、と加害者側が言って、裁判で争うことはできるんですか?」と、出演者の犬塚浩弁護士に尋ねた。

犬塚弁護士は「理論的には可能ですね。自分は合意のもとでやったんだからと(主張して)」と回答した。

しかし、担当弁護士が高畑が自分の行為について「合意があるものと思っていた可能性が高い」とコメントを出した件に関して、「男性が同意があったと思って行為があっても、女性が拒否しているのであれば強姦罪になる場合もある」という趣旨の解説をした。


■画像集

Close
釈放された高畑裕太氏
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

※スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


■関連記事


高畑裕太容疑者が釈放「申し訳ありませんでした」と絶叫 不起訴処分に

高畑裕太の弁護士「悪質な事件ではなかった」【コメント全文】



「推定無罪」を無視した高畑裕太氏事件を巡る報道・放送