Huffpost Japan

タモリ「卓球は根暗」発言を反省、日本卓球協会に1000万円寄付していた

投稿日: 更新:
印刷

tamori

リオデジャネイロオリンピック卓球男子シングルスの銅メダリスト水谷隼選手(27)が、9月25日放送のTBS系「林先生が驚く初耳学!」に出演し、タモリと日本卓球協会にまつわるエピソードを披露。タモリが同協会に1000万円を寄付していたことを明かした。

水谷はオリンピックをふり返り、リオ大会で採用された日本製の卓球台が歪みが1ミリ以下で、正確なショットが得意な日本人に有利に働いたとコメント。また卓球台の色が濃い緑から青に変わったのは「タモリさんのせい」と衝撃の事実を明かした。

司会の林修氏によると、以前タモリがテレビで「卓球は根暗だ。根暗だ」と発言して話題になった頃が、卓球人口が減っている時期だったと説明。そこで日本卓球協会は、根暗と言われないように、カラーボールを開発していろんな色のユニホームを使えるようにしたり、テレビに映えるように卓球台も青色に変えたりして、イメージアップに取り組んだという。

さらに水谷は、「この件があって、『根暗といって悪かった』ということで、タモリさんから日本卓球協会に1000万円の寄付があったそうです」と明かした。

ハフィントンポストの人気記事

Close
福原愛、幼少期からリオまで
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡