Huffpost Japan

おしっこを我慢すると人の体はどうなってしまうの?

投稿日: 更新:
印刷

誰でもおしっこを我慢した経験があるはずだ。そんな時、こんな風に思ったことはないだろうか「おしっこを我慢するのって体に悪いの?」

ディスカバリーチャンネルの「Dニュース」によると、時々おしっこを我慢してもそれほど大きな問題にはならない。しかし、おしっこを我慢することが習慣になると、病気になったり、時には手術をしたりしなければいけないような事態になることもある。

ちなみに、成人の膀胱は平均で16オンス(約470ml)の尿を溜められる。トイレに行く回数は、だいたい1日に4〜7回だ。

おしっこをしたい時、体はどうなっている?

Dニュースによると、尿が溜まると膀胱の筋が伸びる。それを膀胱の壁にある受容器が感知し、脳に信号を送る。

それに反応した脳は、膀胱にある排尿筋に収縮するよう信号を送る。その信号を受けて排尿筋は収縮し、膀胱に圧力をかける。その結果、さらに膀胱の筋が伸び、脳に信号が送られる。

これが繰り返されると、私たちは尿意をもよおしトイレに行きたくなる。そして尿道にある内尿道括約筋が開いて、尿を排出する準備をする。

尿道には、外尿道括約筋という筋肉もある。これは尿道を閉めておしっこを漏らさない役割を果たしている、言わば「膀胱の最後の砦」だ。しかし、あまりに長時間おしっこを我慢すると、排尿をうながす排尿筋との競争に負けてしまう。そうなると、意志に反しておしっこを漏らしてしまう。

おしっこを我慢すると、どうなる?

おしっこを我慢するというのは、自然な行為だ。私たちはみな、寝ている間おしっこを我慢している。しかし、膀胱に問題を抱えていたり、我慢するのが習慣になっているようであれば、膀胱に支障をきたす可能性もある。

たとえば、おしっこを我慢し長時間に渡って膀胱に尿を溜めてしまうと、大腸菌のようなバクテリアが繁殖してしまい、尿路感染症になってしまう可能性がある。

それに、おしっこが溜まっていなくても尿意を感じてしまったり、膀胱に尿が大量に溜まっているのに排尿できない「尿閉」になってしまうこともある。

最悪の場合、外尿道括約筋が膀胱を閉めている部分が破裂してしまうというケースもある。そうなると、腹部に尿が漏れてしまい、手術で取り除かなければいけない。

どうやら、おしっこを我慢してもあまりいいことはなさそうだ。体がおしっこをしたい!と訴えかけてきたら、リクエストに応えてあげよう。

Dニュース「おしっこを我慢するとどうなる?」(英語)

ハフポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
座っていることが体に悪い6つの理由
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら